イニシアチブQ initiativeQ の招待を受けて

2018/11/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

今はグループのお世話

先月の20日から暫くイニシアチブの招待に専念していたが面白くてしょうがない。
あっという間に規定の人数(30人)に達し現在は新規招待リンクはなくなった。
グループのお世話に専念している。(勿論仕事をしながら)
お世話をしながら客観的に見てると始めてオフィシャルホームページを開いた時のとまどいがあることが鮮明化した。

おめでとうございます

ホームページを開いて最初に飛び込んでくるのが”おめでとうございます”
まだ申し込んでもいないのに・・・・(気が早くない?)
と、進むと今度は

スポット予約

「無料と聞いていたのに何かを予約しなきゃいけないのやっぱり怪しいな」
登録時に貰える通貨とは厳密に言えば未来の通貨であるため貰える予約という意味。当然お金の請求などはないどころか貰うだけ。
しかしそこを押さなきゃ前に進めない次に進むとサインイン画面。
正面に$28,857とあるこれは何の数字?
28ドル857セント?いや違う「,」は「.」と違う、では2万8千857ドル?円に換算するとわかりやすくゼロを2つつけると・・・・えー29万円弱だー
すごい金額だけど・・・・招待者が言ってた高額の通貨が貰えるということか。
紹介者は円換算で120万とか言ってたし、時間と共に下がっていくという貰える未来の通貨なんだ。
未来でも将来でも多いほうがいいけどこれが本当になったら希望がもてるな。

承認

サインインを済ませると登録したアドレスに承認確認が送られてきた。
メール内の承認マークをクリックすると
画面に承認されました。と出る。
さらに招待してくれた友人に承認された旨を通知して下さいと表示されているので連絡すると
友人が承認してくれた。(通知はしなくとも友人にも表示されるのでいずれ承認される。でも早いがいいかも)

紹介リンク

一通り登録が完了し、当初表示されていた金額が自分のモノになったことが確認できた。
よく見ると私独自のURLがありそこにはコピーだとか下にはSNS の表示が並んでいる。
友達がFaceBookとかを押すだけで自分のFBに投稿されると言っていた、紹介リンクがある。
早速「ポチッ」

5人まで招待できる

紹介しないといけないの?「何もしなくても貰えるって言ってたのにやっぱりね」
※これは義務ではない紹介しなくても表示された通貨は確保できます。
会社の発表によると世界平均2名程の紹介だという。教えてあげたくなるということです。

以上登録の流れを確認してみました。
現在迄私のグループでは問題は起こってません。
只少ないより多いほうがいいと思い積極的なメンバーとそんなに無理しなくともというメンバーにハッキリ別れてきた感じはあります。
それでいいのだ!

オフィシャルテキスト

これは PayPal の開発者達が開発した Initiative Q という新しい通貨と決済ネットワークです。Q 通貨は現在既存のメンバーに紹介された方に無料で配分されています。
何百万人もの人々が参加すれば Q が主要決済ネットワークになれるというアイディアで、非常に有名な経済モデルによれば、Q が主要決済ネットワークになることでリワードの価値が約 $50,000 になります。
受け取れる金額は毎日少なくなっており、1 人のメンバーが招待できる人数は限られています。こちらの招待リンクをご利用いただけます:https://initiativeq.com/invite/rxeNcOMg2m
(ご心配なく。何も裏はありません。お名前とメールアドレスだけいただければスポットが予約されます)。

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.