自分のパソコンが32bit版か64bit版か確認する方法

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

先日Itunesをダウンロードしようかと思ってダウンロードサイトにいったら32bitはこちらから、64bitはこちらとあるではないか。「どっちにしようかな~」という問題ではなく「どっちが正しいの?」というのが正解ですけど。
普段は何気なくダウンロードしてるのでイザ「どちらですか? 」と問われて改めて確認した。

Windows10 には 32 ビット版と 64 ビット版があります。違いを簡単に説明します。

Windows の 32 ビット版と 64 ビット版の違い

一言でいうなら“PCの情報処理量の違い”ということです。32bit版で処理出来る最大量は4GB弱と言われています。ですから32bit版に約4GB以上のメモリーは無駄ということですね。
それに比べて64bit版だとなんと約171億GB搭載が可能と言われますがあくまで理論値ですから現実パソコンやサーバーでそれほどの容量は実存しないということですね。
それではWindows10 の 32 ビット版と 64 ビット版、とあなたのパソコンがどちらかを確認する方法をご紹介します。

Windows10の32bit版と 64bit版の違い。どう違うのでしょうか?
ビットというのは情報の単位のこと。32 ビットなら 2 の 32 乗、64 ビットなら 2 の 64 乗の情報を一度に処理できるコンピューター、という意味。32 ビットよりも 64 ビットのパソコンの方が処理能力が高い、ということです。

32 ビットや 64 ビットというのはパソコンの種類で、それに対応して Windows にも 32 ビット版と 64 ビット版があるということになります。

パソコンはこれまで 4 ビット、8 ビット、16 ビット、32 ビットと進歩してきて、2008 年の後半からは 64 ビットのパソコンも普及し始めました。

ではその見分け方について画像を参考に説明したいと思います。
今回は自分のパソコンが32ビット版なのか64ビット版なのか確認する方法です。

Windows10の場合(2秒から4秒でわかる)

Windows10の場合はスタートのウィンドウズマークを右クリックしてシステムを選択すればでてきます。

下がシステムを選択した場合の画面です。

私の場合はシステムの種類のところに32-bit operating systemとありますので32ビットですね。

Windos7の場合

Windows7の場合は[スタート] ボタンをクリックして、[コントロール パネル] をクリック。

コントロール パネルが表示されたら、[システムとセキュリティ] をクリックしてみて下さい。

そして[システム] をクリック。

最後に

パソコンを始めいろんな機器がデジタル化するのは素晴らしいが昔のように大事に使えばいつまでも使えることは無くなっていくようです。見た目が美しくてもバージョンが違って使い物にならなくなるのは淋しいことです。完全に耐用年数が賞味期限に代わっていくような気さえします。
やっとかっと現代について行ってる私のような老体にとって「不思議な時代」の入口かなと思うのはやっぱり時代遅れなんでしょうか。
【Microsoft Office 2010搭載】【Win 10搭載】【超大画面22インチ液晶セット】富士通 D750/A/新世代Core i5 3.2GHz/メモリ4GB/HDD500GB/DVDスーパーマルチ/中古デスクトップパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.