767文字で語り尽くす

2018/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

始める前に

重要な点が 2 つあります

まず初めに、お金はいりません。

皆様にご参加いただきたいだけです。

2 つ目は、今すぐ参加することで、

将来高額を手にする現実的なチャンスがあるということです。

興味がありますか?では始めましょう。

これはイニシアティブ Q という

世界規模の経済実験で、

モダンな決済ネットワークの最大の壁を克服する試みです。

これを成功させるには皆様のご協力が必要です。

その理由は次の通りです。

今日の決済システムは何十年も前にデザインされたものです。

リスクが高く、速度が遅く、

複雑で、コストが高いシステムです。

しかし、安全で効率よく安く使える決済システムが既に存在しま
す。

ではなぜ現在使用されていないのでしょうか?

なぜ私たちは過去に留まったままなのでしょうか?

それは典型的な卵が先か鶏が先かの状況のためです。

購入者は販売者のいないネットワークには参加しません。

販売者も購入者がいない新しい支払方法はサポートしません。

イニシアティブ Q はこの壁を克服します。

次のような魔法の仕組みです。

私達は独自の専用通貨を使用した決済ネットワークを開発していま
す。

経済モデルによると、

通貨の価値はその利用量に比例するとされています。

Q が広く普及すれば、

合計価値は何兆ドルにもなります。

人々に早期参加していただくために、

現在通貨の予約を受け付けています。

参加が早ければ早いほどより多くの Q が予約されます。

何百万人もが参加するにつれ、

普及の壁が克服され、

ネットワークが有効になり、

その優れた技術が広く使用されるようになります。

その結果、この通貨に価値が出るのです。

これは自然と実現される未来予想です。

このチャンスをお見逃しなく。

今すぐ招待を受けてイニシアティブ Q に参加し、

Q を確保しましょう。

安全かつ無料です。

グループ応援リンク

私の仲間のイニシアチブ Q への招待です。

Initiative Q は元 PayPal の開発者達による、1950 年代に開発されたクレジットカードに代わる新しい決済システムを開発するための取り組みです。このシステムは Q という独自の通貨を使用し、準備ができ次第人々がこのシステムを使い始めるように、現在サインアップした人々に Q を無料で配布しています (参加者が増えれば増えるほど金額が減っていくため、早く参加したほうがお得です)。サインアップは無料で、必要なのは名前とメールアドレスだけです。失うものは何もなく、この決済システムが世界の主流決済手段となった時、予約された Q の価値が非常に高くなります。

「かっちゃん」の招待リンクです: https://initiativeq.com/invite/HlNGYFu2Q
「さとみん」の招待リンクです:https://initiativeq.com/invite/HG1XDtM37
「ひろ」の招待リンクです。:https://initiativeq.com/invite/rxeNcOMg2m
「すーさん」の招待リンクです:https://initiativeq.com/invite/rEgXBoNso7
このリンクは私達の招待者数が制限に達した時点で失効します。こちら側で登録を確認する必要がありますので、登録したらお知らせください。

Amazon

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.