雨の中の二人

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

外を見ると雨だ、ベランダに出ると工事中の足場、網に大粒の水が垂れている。気が付かなかったが雨だったんだ。

前の公園を見ると2、3歳の子が帽子をかぶって一生懸命雨の中を走ってる。

「お迎えは来なかったんだろうか?そんな帽子ではすぐにずぶ濡れだぞ、と思ったら後ろからお母さんらしき女性が乳母車を押している。

赤ちゃんが乗ってるのになんにもかぶせないでノンビリ歩いてる。

雨の中の二人と赤ちゃん

「なんて親なんだみんな風邪引くだろう。」急いで着替えておりて行こうとすると草刈り機の音が「同年代のおじさんが草を刈ってる。5時までに終わらせたいんだろうが無茶だよ」

声を掛けようとあわててマンションから飛び出す。そこはここ数日には珍しい気温が高くて穏やかな日。

先ほどの親子は二人でベンチに座ってる。

振り返ってマンションを見てみると上の階から洗浄が始まってる。

そうか、回覧板で水洗いするから窓は施錠してください。という通達がきてたなぁ。

冷や汗が出てきた。「お母さん雨にぬらせたら駄目ですよ傘あげるから雨宿りしなさい」という寸前だった。

「変質者とまでは行かないけど呆けたおじいちゃんが妙な事を言うよね。」って言われるところだった。

夕方の4時を過ぎたころ工事の関係で家の中は暗い。

シチュエーションはまったくその状態。

一つには師走だからみんな無理してる、でも雨の中で遊ばせなくても、年寄が無理してそれが引き金になって寝込んだりするのに。

そんな思いもあってか心底怒ってた。よかったよかった。

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.