素晴らしい関西出身の方の「ありがとう」

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

いつも言わない私が「ありがと」と小さな声で言えた。

コンビニでひいき目に見ても人相がいいとは思えない男性がレジで支払いすんで最後に

「ありがとう⤴」と言ってるのを聞いてギヨッとした。
「オゥ」と言ったほうが似合ってると思ってたから。

レジの女性に「今の方感じがいいね」と聞くと

「いつもお見えになるけどいつもありがとうって言って頂けますよ気持ちのいい方です関西の方のようですね」
とほんとうに気持ちよさそうににこやかだ。

そういえばどこかで「関西人はありがとうをよく使う」と言っていたのを思い出した。

で私と言えばそんな会話をした以上黙って帰るわけには行かない。けど「ありがとう⤴」っていったら「訛ってますよ」だって。過去殆ど言ってない気がする。大いに真似る価値あり、予想時用にレジの大学生風の女性は気持ちよさそうだから。はにかみで黙ってるのと軽く「ありがとう」って言えば気分がいいし、心証もいい。関西の人は素晴らしい。

翌日違うコンビニで勇気を出して小さな声で「ありがと」と言ったら(流石に語尾は上がらなかった)にこやかな顔が返ってきた。素晴らしい笑顔、得した気分。

レジの子がにこやかに「ありがとうございました」って気持ちの入りようが違って感じた。
そんな彼女を2度見してしまった。

「いやー気持ちいいもんだこれから」積極的に「ありがとう」を言うことにしよう。

家にかえってネットでググってみたら知恵袋にこんなコメントがあった。

関西人の「ありがとうについて」


関西人の「ありがとう」の使い方について

関西人の「ありがとう⤴」の使い方について
最近、大阪によく出張します。それで気づいたのですが、大阪の人(関西人全般?)は、よく「ありがとう⤴」という言葉を口にします。なにか無償のサービスなどを提供してもらった時はもちろん、コンビニでおつりをもらった時に店員に、バスから降りる時に運転手さんになどなど・・・・。私のような東京人は「金払ってるんだから当然」という感覚があり、関西弁のイントネーションで「ありがとう」という言葉がサラっと出てくる関西人は実にカッコいいと思います。せめて大阪に行った時ぐらい真似して使ってみようとも思うのですが、照れくさいのと用法(?)がよく分かりません。

関西人のみなさんは、どういう時に「ありがとう」を使ってるのでしょうか。

それに対してベストアンサーでは

一年前まで大阪人、今は神奈川県在住の者です。
大阪ではそれがもともと当たり前の環境ですし、一種のコミュニケーションみたいな
ところもありますので自然に「ありがとう」(時に「お~きに」になる場合も)と
出ても何ら不思議ではありません。
こちらに来てからは全くと言って良いほど聞くことがないので
逆に不思議だったのですが、質問者さまの様に「お金、払っているんだから当然」
・・・・・何だか納得です。(関東と一括りしたくはないんですが)

大阪に限らず、お手伝いなどやって頂いたら「ありがとう」
悪いことをしたら「ごめんなさい」
これは人として当たり前の挨拶(言葉?)ではないでしょうか?

私は今でもどこでも、やって頂いたら「ありがとう、お~きに」と伝えています。

真似をしてみよう、ではなく、「お金、払っているんだから当然」という気持ちや
行動から外さない限りどちらにしても相手に伝わらないと思いますよ。

真似ではなく、普段から相手に対して敬意を持って接していれば
自然にでる行為ですし、大阪に限らず、どこでもやって頂いたら
「ありがとう」と言って欲しいですね。

 

とある。

ごもっともな話でありシンプル イズ ベストなコミュニケーションツールだ。
知り合いの神戸出身の友人にこの話をしてみたら。

「え、言わないの? ゆうでしょ・・普通」

と言われてしまった。

ヘルプカード・マークの普及・啓発活動をしている私にはそれ以前に会得しなければ活動する資格もない見習わなくては、深く感じた。

 

魔法のありがとう

運のいい人が具体的にどんな言葉を使っているのかは人によってそれぞれですが、一つ共通している言葉がありますそれは

「ありがとう」

です。

 「そ・わ・かの法則」

仏教の教えに「そわかの法則というのがあっては掃除 ⇒ お金と仕事に困らない。は笑い ⇒ 病気にならない。 は感謝 ⇒ 人間関係に困らない。
とある。いずれにしても感謝するということは人間形成にとって重要なことだ。
関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生! 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Comment

  1. […]  いさりば素晴らしい関西出身の方の「ありがとう」https://hakata.win/arigathoいつも言わない私が「ありがと」と小さな声で言えた。 コンビニでひいき目に見ても人相がいいとは思えない […]

    • kosuker より:

      店員が言うのは至極当然ですがこの時依頼関西訛りの方のありがとうを気付くようになりました。

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.