アンビットエナジージャパン会社概要

2018/05/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

いきなりですがアンビットエナジーの広め方極意!

会社概要以前に何をするのかをお分かり頂いた方が理解しやすいと思い
イレギュラーな案内をしています。ご容赦下さい。

目的は

住宅、小規模の店舗など低圧の電灯、動力の電気料金を安くする為の新電力会社の案内です。。

アンビットエナジーはインターネットビジネスビジネスではありません。

リアルビジネス。口コミです、皆さんのコミュニケーションでの信頼をベースにした口コミビジネスです。(ダイレクト・セリングです)

ダイレクトセリングとは

直訳すれば「直接販売」という意味です。つまり、ダイレクトセリングとは、商品やサービスを店舗ではなく、消費者に直接販売するマーケティングの一手法のことを言います。

リアルな口コミにインターネットは歯が立ちません、叶いません。
オフィイスとして専用のパワーゾーンページがアンビット社から提供されます。

こちらのチラシをご覧下さい。

アンビットの広め方極意。

 

1、チラシの内容について。
アンビットジャパンから提供される資料で確認していただきます。お客様にお伝えしたいのはこれだけです。
2、あなたの大事な友達・知人にチラシを渡します。
3、「今度電力ビジネス始めたのでつきあってよ」的なお願いをします。
以上です。あなたの信用がベースです。

会社情報は十分過ぎるほどあります。(まず貴方が徹底して確認してください。自信がない部分はフリーダイヤルのサポートに電話(日本国内:0120-907-087 営業時間:午前9時から午後6時(月~土)

してしっかり問い合わせて下さい。そこまで確認してあなたをお友達が信用するということになります。)

アンビットというオポチュニティ

電気業界と人生を変えるオポチュニティに関して説明させていただきます。

あなたの周りに電気を使ってる人は何人いますか?


「あなたの周りに電気を使っている人は何人いますか?」
聞くまでもない質問として片づけるのはたやすいことですが
奥深い質問です。そうです「すべての人」
誰もが毎日、毎時間、毎分ごとに電気をつかっています。

無意識のうちに使われる電気、どの代金は既に毎月の生活費一部となっています。
では、あなたのよく知る人々、そして知らない人々までもが電気をつける度に、あなたが収入をえられたとしたらどうしますか?

電力自由化が開いたオポチュニティの扉

現在、電力自由化が、日本における素晴らしいオポチュニティへの扉を開いています。これから先の10年間、何百万人もの顧客が東京電力や関西電力といったかっての独占企業の元から去り、新しく革新的な小売事業者が提供する、より良いサービスを求めていくことと思います。

これはまた、これらの顧客とと芋に何兆円ものお金が移動することを意味します。
そして、あなたは今まさに始まったばかりの、この顧客と収益の移動に金銭的な面で関わる機会に恵まれているのです。

電力自由化の仕組み

自由化以前は、地域ごとの独占事業者1社が、発電や生産、、送配電、小売り供給に至るまで、あらゆる面であなたにエネルギーサービスを提供していました。

これらの電力会社は、顧客への請求書の送付や、顧客サポートの提供も行っていました。
自由化により、これらの業務は分離することになりました。従来の電力会社は、引き続き発電や送配電を管理し、家庭や企業に電力を供給するとともに、停電への対応も行います。

しかし現在、マーケティングや請求書の送付、顧客サポートは、アンビット・エナジーのような小売りエネルギー事業者によって行われています。
小売りj業者が競争を繰り広げる一方で、消費者は様々なオプションを比較検討し、価格、サービス、利便性の組み合わせを追求するという恩恵を受けることができます。
では、このオポチュニティはどれほど大きなものになるでしょうか?

潜在的な顧客数     8,400万人

 

市場規模        約8兆円

明確に分かれた9つの供給地域(電力会社)を持つ日本の電力市場は、非常におおきなものです。潜在的な顧客数は8,400万人以上、その市場規模は年間8兆円に上ります。

そこでです。皆さんは、この注目すべきオポチュニティにおどのように参加しますか?
エネルギーの消費者から、それを販売する側へとどのように転身しますか?
そうです、最適なパートナー、アンビット・エナジーとともに歩み始めるのです。

アンビッエナジー社について紹介します。

2006年にテキサス州ダラスで創業したアンビット・エナジーは、エネルギーのダイレクト・セリング企業としては世界最大です。

年間売上高は12億ドルを超え、また120万任以上のお客差mにご満足頂いており、10年間にわたる成功と事業拡大の実績を誇ります。

アンビットの経営者は全員アメリカの大企業ランキング・フォーチュン500にランクインする企業で管理職を務めた経験があります。

またアンビットは、エネルギー業界でも最もすぐれた特許取得済のテクノロジープラットフォームに支えられています。
共同創業者のジェリー・トンプソン・ジュニアとクリス・チャンプレスは両者とも、急成長を遂げ成功した企業を過去に経験してきました。

ジェリー・トンプソン・ジュニアは。世界中に事業を拡大し、1970年代初頭に日本市場に参入したセブン・イレブンの創業者一家の一員です。ご存じ通り、セブンイレブンは今や、日本を代表するグローバッル企業の一つです。
トンプソン氏は、家族か継承した起業家スキルを活かし、90年代初頭の通信自由化のさなか。米国南西部に最大級の光ファイバー・データーネット0ワークを構築しました。

もう一人の創業者であるクルス・チャンプレス氏も、通信自由化当初からビジネスに参画しました。チャンプレス氏は、エクセルコミュニケーションズを、創業からわずか7年のうちに、年商10億ドルを超える企業に成長させました。彼の在職中に、エクセル・コミュニケーションズは、アンビットエナジーが今日採用しているようなダイレクト・セリングモデルを使用し、AT&T,MCI,Sprintに続く北米長距離電話会社となりました。

この歴史においてアンビットは、常にその急成長ぶり、活気あふる社風、充実したしたカスタマーサービスを評価されてきました。一つの例は、2010年にアメリカのビジネスマガジン・インク誌よって「全米で最も急成長した歩公開企業」に選ばれたことが挙げられます。

更に、業界ダイレクト・セリングニュースによる世界のダイレクトランキングでは、常にトップ20位にランクインしています。

またアンビットは、ダラス・モーニングニュース誌が選ぶ最も働きやすい子業ランキング上位100位に何度も選ばれるとともに、世界を代表する独立系市場調査会社によるランキングでは、6回もお客様満足度1位に輝きました。

 

さて、アメリカにおける今日までの業績と成功をもとに、アンビットは日本でのマーケティングに向けてどのような準備をしているのでしょうか?

アンビットの切り替えはとても簡単

アンビットへの切り替えの際万一停電が起きた場合は最初の月の電気料金をアンビットがお支払いします。

低価格保証

お住いの地域の電力会社より安い料金を保証します。

誰もがしている「おすすめ」

しかし報酬がもらえることはありません。

初期費用¥10,000

支払いは最初の1回だけ年間更新料はかかりません。

自分のオフィスとして管理業務全般が網羅されている専用のパワーゾーンページの

使用料が月2,500円です(月2,500円のランニングコストです)

収入を得るオポチュニティ

やることはたった2つ

❶あなたの大切な人・信頼する人の中から優良な顧客を数人集めます。
❷他の人が同じことをする手助けをします。

チームを増やす

長期収入

結果はあなたの努力次第

1円の持つ大きな力

なぜアンビットなのか?

あなたの金銭的な目標は
●副収入の確保
●ローンの返済・完済
●学費の貯蓄
●老後の備え
●家族との時間
●旅行やレジャー

最下部のバナーから資料請求があればPDFで報酬プランを含む概要書面をお届けします。

報酬プラン動画はこちら
PDFでも資料お届けしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© でんきしょ , 2017 All Rights Reserved.