でんきしょ

切り替える必要を感じていない

新電力への切り替えには興味も関心も示さないという御仁も多くある。

「今のままで困ってはいない」というお客様はどのビジネスであっても存在する。

困ってはいないのだからそれを変える必要がないという顧客心理だ。

裏を返せば防衛反応と言い換えることができるだろう。

人間は、変わりたいという願望があり、その一方で自分身の周りの何かが変わることを恐れる生き物であるというのはご存知だろうか。

インフラは何も変わらないこと、コストメリットがあること、手続きの手間がかからない事などを伝えても、見込み客の防衛本能的な心理はそれ以上に硬いことがある。

ましてや、ネットワークビジネスにおける日本でのイメージは悪い。

品質が変わらなければ安いがいいに決まってる。

現在70%の人が検討中だというデーターがある。

一定量の参加者がでると勢いを増すことは間違いない、続々と節約体験が報告されている。

カナダがオープンし、次はオーストラリアとの話のでている。

近々天然ガスにも参入すれば説得力も増すに違いない。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*