アンビットエナジー要約

2017/12/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

アンビットエナジー要約チラシ

ようやく出来た要約マイチラシ (笑)

 

アンビットエナジーのお伝えしたいことを要約したチラシです。

アンビットでは多くを語ることより信頼できるお友達、皆さんに

「電力ビジネス始めたから付き合って」位のシンプルなお勧めを提唱

しています。

使用量の多い少ないは考える必要ありません。

当初はお客様件数が実績としてカウントされボーナスが発生します。

ここでじっくりチラシを見ていただくとこれ以上これ以下でもありません。

強いて言うならビジネスで考えられている方には全く不十分でしょう。

ご心配なくほぼ毎日のように生のウェビセミナーが開催されています。

しかし、しかし何事もそうですがお客様がいないと始まりません。

冒頭シンプルなお誘い方法をお話ししましたが、知らずに話すことと熟知してるけど

あえて多くを語らないのでは責任感の問題です。

素晴らしい商品、システムがあっても私を筆頭に「素晴らしいことはなんとなく判るけど

自分にできるだろうか?」と思います。

現実「始めたから付き合って」で参加していただける方は個人差があります。

中にはシビアに「いくら友達でも判るものでもくれよ!」とか

間違いなく参加してくれると思った友達が「おれ遠慮する」「もう少し広まったらな」

等々シビアな答えが返ってきて想定外のショックを受けることもあります。

一つには素晴らしさの確認が今一つ弱いがため「何でも聞いてくれる」という思い込みと

甘えの反動で委縮してしまします。

素晴らしさをあいまいに感じたままだと切り返しもできません。

その場で答えることができず「今度書いたもの持ってくるね」「わかった!」

というけれど決して良い印象はないでしょう。

友達というのはいろんな部分でありがたいですが裏を返せばあなたの為に痛烈な突っ込みをする場合も多々あります。

そんなときこんなチラシがあればいきなり質問の山にはならないでしょう。
少なくともどの部分かは絞られての質問があり、再認識、再確認で自分自身が自信をもつことです。

アンビットお助けサポート

アンビットにはお客様サポートとコンサルタントサポートのフリーダイヤルがあります。

お問い合わせ電話番号
本社:06-7711-1870
カスタマーケアセンター:0120-907-830(フリーダイヤル)
コンサルタントサポート:0120-907-087(フリーダイヤル)

7月24日がグランドオープンで現在はプレオープン中です。
プレオープン中は平日のみの対応になってますのであしからず。

繋がりにくい時間帯もあるようですがしっかり答えてもらえます。

アンビットエナジージャパンのグランドオープン前の大きなメリット

グランドーオープンまでのコンサルタント希望者には登録料10,000円は免除されます。されます。

友達に新たな出費を求めるものではありません。

安い電力会社に切り替えて貰うだけです。

節約がもとで友達にビジネスチャンスを提供することもあります。

電気は生活する以上必要なインフラです。

私は好きでないという嗜好はありません

安くなるかどうかは「低価格保証」で安心です。

ビジネス詳細、報酬プランをご希望の方は下段バナーより請求してください。

お問い合わせ電話番号
本社:06-7711-1870
カスタマーケアセンター:0120-907-830(フリーダイヤル)
コンサルタントサポート:0120-907-087(フリーダイヤル)

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© でんきしょ , 2017 All Rights Reserved.