いさりば

パソコンのブルーライト調整方法

ブルーライトがじわじわ襲ってくる

最近は何か調べようとパソコンに少し集中するとかなり目がちらつくし、疲れもひどい。
全てを年のせいで片づけるにはちょっと早いと思い俗に言われているブルーライトを何とかコントロールできないものかと調べてみたら設定方法があった。
中にはそれ程騒ぐことでもないと言った意見も散見した。

ブルーライトは、半ば新興宗教状態だと思いますが。そこまで神経質になって遠ざけなければならないものではないでしょう。太陽光にも同じ成分が入っているわけですし。

それにブルーライトって紫外線みたいに目に見えないけど有害になりうる光ではなく、目に見える青い光です。だからこれをカットするということは青色の成分をなくすことに等しく、そんなことをしたら色のバランスが崩れてしまいます。大抵の場合、液晶画面の輝度設定は高すぎると言うか、100%になってるはずなので、これは論外。50%やそれ以下に下げましょう。そうするのが一番手っ取り早くて効果的な対策です。輝度を半分にすれば、色のバランスを変えることなくブルーライトも半分にできます。

ちょっと暗いかな…と思うくらいにするのがコツで、それでしばらく見ていれば目が慣れてきて、気にならなくなります。ただしあんまり暗くするとかえって疲れ目の原因になりかねないため、適当な加減を試行錯誤で探すことになるでしょう。

いきなり体感できるものではないけど時間が経つにつれ負担が軽減すればありがたい。

パソコンの設定を変更してブルーライトをカットする

ブルーライトカットはパソコンの設定のみで行うことができます。設定は簡単です。

[Windows]+[I]で「設定」ウィンドウを表示させましょう。

「システム」をクリックします。

システムのカテゴリーが「ディスプレイ」であることを確認し、「夜間モード設定」をクリックします。

①すぐに有効にする場合は、「今すぐに有効にする」をクリックします。

②左にスライドするほど、青色の光源が少なくなります。

③時間によって制御する場合は、オンにします。

④「日没から朝まで」をクリックすると、具体的な時間が表示されます。
「時間の設定」では、有効にする時間を設定できます。

まとめ

目の不調すべてがブルーライトの仕業でもなさそうです。

頑張り過ぎではありませんか。休み休みやることを習慣化しないといけません。

日頃の疲れが慢性化してパソコンを見たときに顕在化するということも考えられます。

また、長時間になるとブルーライト以前に目を使い過ぎもあります。

風景とか樹木を見たりして自然の力も吸収し眼を休めパソコンライフをエンジョイしてください。

参考までにブルーライトカットフリーソフトもあり、ます。

頑張り過ぎのあなたにこんなソフトもあるらしいですが著者は体験がありません。

目を休ませるために、一定時間ごとに休憩をとるように促してくれるソフト使い方しだいでしょう。

在宅でインフラビジネスを継続し権利収入を確立する方法

DOMINO








ドミノ・ハーヴェイ(キーラ・ナイトレイ)は元モデルで、父親は有名俳優のローレンス・ハーヴェイ。ビバリー・ヒルズの贅沢な生活を後にし、バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)への道を歩み始める。

SNSでもご購読できます。