いさりば

エクセルに電卓を表示する

Excelクィックアクセスツールバーに電卓表示

エクセルに計算式、関数を埋め込んだ時に複雑な時や条件抽出計算などの時見た目で良否が判断出来ないと場合がある。そもそもエクセルは便利な計算機でもある。一旦作ってしまえば合理的で便利な代物だが設定時は先々のスムーズ化の為にシビアなチェックする必要がある。どんなに複雑で便利でも計算が合わないと元も子もない。

てっとり早く確認するには計算機(電卓)で手計算をすることがてっとり早い。
しかしエクセル上で計算機が使え、エクセルの進行状態に影響されない電卓があるとデスク上も片付く。

ここではツールバーではなくクィックアクセスツールバーに導入する方法を紹介しよう。
今回はExcel2010をモデルに実行してみます。

一旦エクセルを起動し、電卓を開くとクィックアクセスツールバーのみならずタスクトレイにも独立して表示されるのでエクセルの作業ごとに表示が消えたりしない。

それでは作業を進めます。

1,エクセル画面の上左のクイックアクセスツールバーの逆さ山印(ツールバーを表示と非表示に切り替えるところです。初期の頃は表示が消えたと大騒ぎしたのを思い出します。)

 

2、右クリックするとこのような選択肢があるので「クィックアクセスツールバーのユーザー設定」を選択。

3,以下の画面が出たらコマンドの選択で「リボンにないコマンドを選択」
かなりの項目があるのでまず、一番下まで行って5,6回クリックすると「電卓」の表示が出てくるので選択して「追加」

4,「クィックアクセスツールバーのユーザー設定」は「すべてのドキュメントに適用(既定)」
最後に「OK」で完了。

 

計算式と計算値は上に表示される。
確認ができれば下にあるゴミ箱にいれることができる。

SNSでもご購読できます。