いさりば

PCブラウザChrome版にLINEを設定

友人のパソコンを借りてLineをしようとしたらインストールされていない。

これまでPCでLINEを楽しむには、「PC版LINE」をインストールする必要があったが、「Google Chrome版ウェブアプリ」では、別のPCを使う場合でも、Chromeアカウントへのログインにより、追加のインストールが不要でLINEを利用することができる。

友人はLineはおろかGoogleのプラウザChromeもインストールしていない。Chromeの使い勝手を知ってる私はChromeプラウザを勧めた。
Chrome公式サイト
https://www.google.co.jp/chrome/index.html

次の画面でチェックを忘れずに

早速Chromeをインストールし、ポイントだけを説明、特にブラウザ版LINE(Google Chrome版ウェブアプリ)のメリットについて説明した。

ブラウザ版LINE(Google Chrome版ウェブアプリ)

・複数の端末からLINEにログインしていても自動ログアウトされることはない
・オフィスや学校のパソコンでLINEを使いたいけれど、ソフトウェアはインストールできないという場合に便利。

・普段のLINEトークは勿論、メモや画面キャプチャ、ファイル送信といった(Chrome版)LINEならではの機能が使える。(私は先輩からスマホに案内メールが来て内容的にパソコンに保存したい等の機能が使いたかったから)

・ブラウザがグーグルクロームであれば、どのPCからも使える。

 

一通りの説明をし、早速Chromeをインストール完了し、ポイントだけを説明、特にブラウザ版LINE(Google Chrome版ウェブアプリ)の使用希望があったのでインストールすることになった。
PCでLineをする場合PC版LINEブラウザ版と(Google Chromeブラウザで使えるウェブアプリ)がの2種類がある。

本記事では、PC版と混同しないように冒頭で述べたメリットと使い勝手の良いChromeプラウザ版こ特化してインストールを説明する。
尚、すでにLineアカウントを持っているという前提ですすめていく。

面倒だがPC版Lineと混同しないようにあえてこの方法を選択した。
Chromeウェブストアからスタートする。

まずChromeウェブストアを開き検索窓でLineと入力。

検索結果場面が開いたら一番上のLineを選択し✙Chromeに追加をクリック
(Line itについては不勉強で違いを理解していないので割愛する)

実際にインストールしてみたが違いが判らない、ロゴマークは違ったが逆に間違いのもとだと思い一つに絞った。

 

 

選択すると暫く(10秒位)確認中と表示される。確認が終了するとメニューバーの端に小さいLineのロゴマークが入ったバナーが表示される。(下画面)

拡張機能を追加をクリックすると確認中と表示され10秒程でLineのロゴが出現、ただし色がついてない。

LineバナーをクリックするとLineが立ち上がる。ここでログインするとPCにスマホのLineに入力する承認番号が表示されるのでスマホに入力承認になるといつものグリーンの背景になる。

 

ダウンロード時点でPC版とChrome版を混同したが為にメニューバーに表示されない、Windowsのメニューには3つも4つもLineがある。この状態で書くのは無責任だと思い他ブログとは形式が違うと思うが間違いを防ぎスピーディに完了出来るように書いてみた。つたないブログで申し訳ありませんでした。

在宅でインフラビジネスを継続し権利収入を確立する方法

「ミヤネ屋」の秘密 大阪発の報道番組が全国人気になった理由








「残り30秒」が突然「残り10分」に。状況次第では、事前に用意されたVTRはもちろん、出演者さえ飛んでいく。宮根誠司の当意即妙の司会ぶりにときには振り回されながらも必死でついていくレギュラー陣とスタッフたち。大阪発のローカルから全国へ。東京に比べ、はるかに少ない予算と人員の中、創意工夫で人気番組へと成長した秘密を番組登場の解説委員が明らか

SNSでもご購読できます。