chromeへのログイン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

chromehへのログイン

初期画面
chromeへのログインは
Chrome で同期のオンとオフを切り替えることによりログイン、ログアウトになります。
ログインする前にgoogleのユーザーアカウントを準備しくてはならない。
同期をオン(ログイン)するメリット
すべての端末で、同期された情報(ブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定)を利用し、更新することができます。
Gmail、YouTube、検索などの Google サービスを利用する際に、自動的にログインした状態になります。同期をオンにする前にログインしていた場合は、ログインした状態のままになります。
スマートフォンを紛失した場合や新しいノートパソコンを入手した場合など、端末が変わっても、すべての情報を以前と同じように利用できます。
Chrome の履歴がウェブとアプリのアクティビティに保存されるので、他の Google サービスを自分に合った設定で利用できます。

初期画面

同期をオンにする

同期をオンにするには Google アカウントが必要です。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のプロフィール プロフィール をクリックします。
    • Google アカウントですでにログインしている場合は、アカウント画像をクリックします。
  3. [同期をオンにする次に [オンにする] をクリックします。

複数のアカウントとデータを同期したい場合、またはパソコンを他のユーザーと共有している場合は、Chrome でプロフィールを追加する方法をご覧ください。

Chromebook でログインして同期する場合は、アカウントの同期をオンにする方法をご覧ください。

右上コーナー画面


同期の無効化
同期をオフにしてもブックマーク、履歴、パスワードなどの設定はそのまま残りますが、これらの設定に変更を加えた場合、その変更内容は Google アカウントに保存されず、他の端末と同期されることもありません。

同期をオフにすると、Gmail など他の Google サービスからもログアウトします。

パソコンで Chrome を開きます。
右上のその他アイコン 高 次に [設定] をクリックします。
上部の [ユーザー] で [オフにする] 次に [オフにする] をクリックします。
Chromebook からログアウトして同期をオフにする場合は、Chromebook からログアウトする、Chromebook の電源を切る方法をご覧ください。

ログイン画面

事前にログインシている場合人型アイコンをクリックすると同期が有効になる。

関連記事
Chrome からログアウトする
すべての端末で同じブックマーク、履歴、その他の情報を利用する
Chrome を他のユーザーと共有する
ゲストとして Chrome を使用する

ログイン画面2
同期を有効にするをクリックすると開くページ事前に準備したログインアカウントを入力

Chromebook からログアウトして同期をオフにする場合は、Chromebook からログアウトする、Chromebook の電源を切る方法をご覧ください。

Amazon

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.