うまく紹介するためのヒント集

2018/12/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

何事にも上手くいかない時はある。

今日は注目を集めるinitiative Q を取り上げオフィシャルホームページから抜粋してお届けします。

順番は個人差があるので自分の弱い部分を探し出しランダムに見て下さい。

又全く違った業種でも似たような悩みもあるかと思いますので参考にしてください。

1、うまく紹介するためのヒント

中にはinitiative Q をネズミ講と勘違いする人もいます。ネズミ講は新しいメンバーからお金を集め、先に入会したメンバーに配分します。Q への参加は無料のため、ネズミ講ではありません。お友達紹介リワードは業界で普通に行われていることで、DropBox,Uber,AirBNB,その他多くの企業で行われています。

2,うまく紹介するためのヒント

次のような、プレスによるinitiative Q の特集記事やレポートへのリンクを提供するといいかもしれません。
techinasis.com

3,うまく紹介するためのヒント

中にはプライバシーを心配する人もいます。必要なのは名前とメールアドレスだけで、情報はマーケティングに使用できないことを今一度説明しましょう、将来アクセスできることが分かっているのであれば、あまり使っていないメールアドレスを提供することもできます。

4,うまく紹介するためのヒント

紹介のフォローアップをしましょう。特に招待した相手がサインアップしていない場合ははなおさらです。多くの人々は、初めてみた時に Q の仕組みを理解できません。
プトジェクトやリワード、他の人を招待する必要性を理解できるように手助けしましょう。

5,うまく紹介するためのヒント

どの友達がまだ initiative Q について知らないか考えて、招待しましょう。同じ友達の輪の中で回ってる招待は、新規ユーザーに繋がらない可能性が高いです。

6,うまく紹介するためのヒント

inititive Q への参加はリスクがないことと、無料の宝くじのように大きな価値を生み出す可能性があることを説明しましょう。

7,うまく紹介するためのヒント

参加する個人的な理由を伝えましょう。友達としてのアドバイスは、ウェブサイトのどれだけ磨き抜かれたテキストよりも効果的です。

8.うまく紹介するためのヒント

個人的テキストを追加して、友達があなたからのメッセージだとわかるようにし、質問があればあなたに連絡するように勧めましょう大抵よくわからないリンククリックしないように用心するものです。

9,うまく紹介するためのヒント

「無料のお金」ということで、よく見かける詐欺を思い浮かべる人がいます。大抵その通りですが、新しいお金を作る場合は例外で、それがinitiative Q であることを説明しましょう。

公式テキスト

Initiative Q は元 PayPal の開発者達による、1950 年代に開発されたクレジットカードに代わる新しい決済システムを開発するための取り組みです。このシステムは Q という独自の通貨を使用し、準備ができ次第人々がこのシステムを使い始めるように、現在サインアップした人々に Q を無料で配布しています (参加者が増えれば増えるほど金額が減っていくため、早く参加したほうがお得です)。サインアップは無料で、必要なのは名前とメールアドレスだけです。失うものは何もなく、この決済システムが世界の主流決済手段となった時、予約された Q の価値が非常に高くなります。

私の招待リンクです:https://initiativeq.com/invite/HlNGYFu2Q

このリンクは私の招待者数が制限に達した時点で失効します。こちら側で登録を確認する必要がありますので、登録したらお知らせください。

Amazon

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.