エバーグリーンコンテンツ

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

エバーグリーンコンテンツってなんだかわかりますか?

Wiki参照

エバーグリーン (Evergreen) は、常緑、不朽を意味する英語の名詞・形容詞。 音楽では「時を経ても色褪せない名曲」というニュアンスで使われることがある。

ニュアンスとしては言いたいことを的確に表現してる。いつも生きている(効果的)と捉えて違和感がない。ブログ記事を書く上で「エバーグリーンコンテンツ」葉は常に更新されて全体が枯れることのない常緑。ただ Wikipediaでも更新は一般ユーザーに呼びかけている、賞味期限は長いけど更新を続けることが重要と捉えられる。瞬間的なニュース等と比べるとわかり易い。

被エバーグリーンコンテンツとは

私が教えを乞うたサイトは以下である。オウンドメディア、ペイドメディアを習い最終エバーグリーンコンテンツの重要性を習った。以下に併記する。

参照サイトエバーグリーンコンテンツがオウンドメディアを成長させる理由

新規ユーザーを集客しつづけるエバーグリーンコンテンツは、オウンドメディアを成長させる為に必須のものだ。
それは一過性のコンテンツではなく、普遍的なテーマで書かれた記事のことであり、時間が経過しても古くならないことが条件となる。
このエバーグリーンコンテンツのポスト数が、日々のアクセスを積み上げていく。
長期に渡って積み上げられていく成果は、あなたのメディアの重要な柱になっていくことは間違いない。

エバーグリーンコンテンツとは

例えばウィキペディアのような辞典、資料サイト、疑問や質問などに答えを提示してくれる「ヤフー知恵袋」「教えてねっと」のようなツールサイト等。言うならば期限がない、いつの世も見れる。

分類上の具体例

インタビュー
ユーザーガイド
カスタマーレビュー
キュレートされたリスト

「エバーグリーンコンテンツ」のメリット。

●オウンドメディア(自社の商品やサービスを表示しない)を成長させる為に必須のものだ。
●長期的に愛されるコンテンツであるため、新規ユーザーの獲得に貢献してくれる。
●エバーグリーンコンテンツのポスト数が、日々のアクセスを積み上げていく。
●被リンクを獲得しやすい効果があるため、結果的にサイト全体に重みをもたせることができる。
●ユーザーとの間に「愛着を持っている」状態を起こしやすく結果つながりを強くすることができる。
●エバーグリーンコンテンツは「サイトを育てる」という意味合いでもよく用いられる。

※エバーグリーンコンテンツは、時間の経過に左右されない為に、リライト及び追記などの管理が必要になる場合があるが、一時的なアクセスを集める使い捨てコンテンツをアップし続けるよりも遥かに楽な作業である。

「サイトを育てる」という言葉をよく聞くが、エバーグリーンコンテンツの記事数を積み上げていく作業こそが「育てる」に匹敵すると思う。月に10アクセスしかないが、確実にアクセスを呼び込むコンテンツと、100アクセス呼び込んだが1週間後はゼロになるコンテンツでは、どちらがユーザーに愛されるサイトか歴然としている。

1週間後にアクセスがゼロになる記事をどれだけ増やしてもサイトは育っていかない。
また、たとえアクセスがあったとしても、使い捨てのコンテンツではユーザーとのエンゲージメント(信頼、愛着)を得ることは難しい。

エバーグリーンコンテンツに変える方法

参照:マーケティング

エバーグリーンコンテンツに変える方法
エバーグリーンコンテンツ作成の最初のステップは、分析をチェックすることです。ページをページビュー(あるいは分析に使用するプラットホームに応じて、クリック数など)の大きい順に並べ替えます。トラフィックを取得していないコンテンツはエバーグリーンではないので上位の結果だけを見ます。ニュース記事、新機能のリリース、特定のイベントなど特定のタイミングに依存するページを除外します。人びとがコンテンツを見つけるために使うキーワードを調べ、可能であればターゲット読者が気になるランキングになりうるコンテンツを選びます。

記事を選んだら、いまも関連性があるかどうか確認するために少し見直します。最新の状態にするため大部分を書き換えなければならない場合、別の記事に取り掛かることを検討します。手がかかるものであっては真のエバーグリーンコンテンツとは呼べません。


名前、特徴、およびリンクが最新の状態であることを必ず確認します。製品のメーカーやサービスプロバイダーは、店名や開店および閉店情報を更新しているので確認してください
統計
消費者行動や市場動向は変化するので、使用する統計がひどく古くなっていないか確認してください。必ずしも最新の数字である必要はありませんが、それでもフォローする必要があります
リンク
使用しているリンクが切れていないことを確認してください。検索エンジンは、リダイレクトをしないコンテンツをより好みます
CTA(Calls To Action)
Webサイトの役割は、読者をコンバートすることです。正しい用語またはブランディングでユーザーを正しい場所に誘導できているかを確認します。最高ランクのコンテンツからメール登録ページに遷移させようとして、404ページに送ってしまうなどは悪夢のシナリオです
コンテンツを更新するときは、同時に検索エンジン用にページを最適化します。毎日あるいは週に数回、コンテンツを頻繁に公開する場合は、1つ1つの投稿の最適化はしなくてよいでしょう。エバーグリーンコンテンツには特別な配慮が必要です。まだの場合は、読者をターゲット化する最適なキーワードを見つけるために、記事のトピックのキーワードを調査します。エバーグリーンページにどのキーワードを最適化するか、ターゲットとする関連キーワードはなにかを、慎重に検討します。

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.