いさりば

GoogleログインとChromeログイン履歴削除方法

Googleにログインしようとするとログイン候補が表示される。同じようにプラウザGoogleChromeにログインしようとするとログイン候補が表示される。

自分のパソコンの場合手軽でいいが職場あるいは知人のパソコンの場合お互いに気持ちよくない。

事前に確認しておかなければならないのは基本のプラウザ、「インターネットエクスプローラ他」とGoogleのプラウザ「Chrome」の場合で少し違うので混同しないように。特にGoogleアカウントを使っている場合混同しないように気をつけましょう。GoogleアカウントとGoogleCromeアカウントは別物

インターネットエクスプローラーでGoogleログインの候補削除方法

インターネットエクスプローラーでGoogleを呼び出しログインを押したところです。この場合はログイン履歴がない場合です。

履歴があった場合このように表示される。表示させたくない場合は「アカウントを削除」をクリックする。

「アカウントを削除」で表示された画面、✗印をクリックすると

アカウンントの削除の確認画面が表示され「削除」をクリックで完了。

これで最初のログイン画面です。

ChromeでGoogleログインの候補削除

 

ChromeでのGooglenoログイン画面です。エクスプローラと違うのはアドレスのみになっていてエクスプローラーのように「アカウントを削除」という項目が見当たりません。少し方法が変わりますので注意して見て下さい。アドバイス他人のパソコン、タブレット、スマートフォンを使用する場合に、その端末に個人情報が保存されないようにするには、シークレット ブラウジングを使用することをおすすめします。使用後にブラウザ ウィンドウをすべて閉じると、その端末でアクセスしたアカウントにログインすることはできなくなります。閲覧履歴は端末に保存されません。

Chrome画面の右上にあるその他その他のところを開く。

以降キャプチャー不調のため箇条書きで対応しています。

Chrome

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上のその他アイコン その他 をクリックします。
  3. [その他のツール次へ [閲覧履歴を消去] をクリックします。
  4. 上部で期間を選択します。すべて削除するには、[全期間] を選択します。
  5. [Cookie と他のサイトデータ] と [キャッシュされた画像とファイル] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. [データを消去] をクリックします。

参考

Windows 10ではInternet Explorerを使えないの?

「e」のアイコンからMicrosoft Edgeが立ち上がるようになりました。 Windows 10でもInternet Explorerを使用できます。
Windows 8.1以前のWindows OSではInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)が標準のWebブラウザーでしたが、Windows 10では「Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)」というWebブラウザーが標準になりました。
Internet Explorerを使う手順は次の通りです。

【操作方法】
1.  デスクトップ画面左下の[スタート(旗のマーク)]をクリックします。
2.  [すべてのアプリ]をクリックします。
3.  [Windowsアクセサリ]をクリックします。
4.  [Internet Explorer]をクリックします。

在宅でインフラビジネスを継続し権利収入を確立する方法

カラフル (文春文庫)








コミカルな始まりで、漫画やん!と思わせた。がテーマは深い。それでいて読みやすい。よくありそうな日常的な風景。自殺、不倫、兄弟不仲、反抗期、いじめ、援交など複数の問題が絡まる家族、友人関係は果たしてわだかまりは解けるのか。
暗いと感じる日常に色合いを加えていくのは自分なのだ。考え方の違い。見方の違い。見る方向の違いによって、暗く感じている現状にも光は見えてくる。

SNSでもご購読できます。