いさりば

人柄に触れた時、信用と信頼関係が生まれる

人柄(品格・性質)

人と付き合っていくなかで無意識な行動、発言にその人の人柄(価値)が溢れそれは多くの人が経験してると思いませんか。
男女の仲でもそうです本人がアピールしたいこととは別の魅力を感じる。それは仕草とも言われるかもしれない。

特に相手が見ええないネット上では挨拶は勿論のこと人柄がリアル以上に求められているし、その力が製品、会社、技術以上に左右する世界ではないだろうか。

これからお話することはある病院の患者さんの話です。

高いところから転落し肋骨が3本肺に刺さり生きてることが不思議なくらいな大怪我をし幸い出血がなかったことと本人の努力で数日後に退院することになったYさんの話です。

Yさんは以前の記事
踏み台運動の効果性には納得
の患者さんです。

先日夜明け前のひと時
Yさん「やっと退院の許可が出ました。院長先生にいろいろ話をする時間を頂いて話しました」
私「それはよかった。で先生と何の話ですか?」

Yさん「実は入院中に感じたことを院長先生にお伝えしたくって。他の病院から転院してきた私はいろんなことを気付きました。」
私「Yさんのことだから良いことですね」

口火を切ってしまった。急ぐ用事はなかったのでしばらく拝聴することになった。

Yさん「ここは素晴らしい病院です。食事は美味しいし、手が込んでいるこんな忙しい時に頭が下がる」

そういえば一月ほど前にYさんが「厨房の皆さんにお礼が言いたいので」ということで厨房に案内したことがあった。

Yさん「リハビリの皆さんはスタッフが手作りの道具で患者さんにとって既成の道具で足りない部分を補うという努力をしている。受付事務の皆さんも明るく声を掛けてくれる、ありがたい。

極め付きは病棟看護師さん、毎日明るい元気な声かけをしてくれる。私の湯飲みには蓋がなかったので簡単な紙を蓋にしていたところある時気が付いたら若い女性らしいイラストが入った紙で蓋を作りちゃんとゴムで止めてあった」感動したYさんは同室の皆さんにも紹介した。そのことを同室の皆さんにに紹介すると、みんな看護師さんが来るのを心待ちにしていて数少ない楽しみの一つだという「いつも元気を貰ってる」と予想以上の評価。

それを聞いたYさん「申し訳ないことをしてしまった。」

良く聞くと足が元気なYさんは食事の時間になると皆さんに配膳していたらしい。Yさん以外は自由に動けない方ばかり。

Yさん「お手伝いと思ってやったことが皆さんの楽しみを奪ってしまっていた。親切でやったので文句がなかったけど本当は{お前じゃないよ}って言いたかったんではないかな」と悔やんでいた。

「警備さんも夜が明ける前の暗い時間に院内を歩く自分にとってすごい励みになった。」と言って貰った。
踏み台運動も伝えた時点から休むことなくこなしている。命が助かった想いがすべてに対して前向きに見えるんだろうと感心している。

最後に

人は仕事だから、役割、役目だからということを超越したものを感じ取る能力がある。特に意識していないさりげないところに隠れている。意図的に出そうとしても出せるものではない。普段の想いが醸し出すのかもしれない。

SNSでもご購読できます。