ベーシックインカム net work

2018/12/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

ベーシックインカムという事柄をご存知でしょうか?

wikipediaで調べると

ベーシックインカム(basic income)とは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策。基礎所得保障、基本所得保障、最低生活保障[7]、国民配当[8]とも、また頭文字をとってBI、UBIともいう。世界中で限定的なパイロットプログラムも始まっている。

とあります。最近マスコミでも討論会などが実施・公開され是非論が高まっている。
非常に複雑な問題に関わり現実的に是非を問うのは難しい状態です。
現実には東欧のフィンランドが導入実験を始めたが2018年12月に中断するという事です。
尚、世界各地また日本国内においても有志(堀江貴文)が実験を始めている。

様々な問題があるけど国あげて実験に踏み込むということはそれなりに有効性は期待されているということです。
ここでお伝えしたいのは現状のbasicincomについてどうこうというのではなく

国際的な機関がベーシックインカムの実証実験を始めています。

毎日100トークン差し上げます。(1トークン=1ドル)
紹介した場合は500トークン差し上げます。
但し世界で500万人の参加者があった時点で募集中止となります。
{要約すると世界で500万人迄は特別な条件はなく一日1万円紹介者には5万円差し上げます。}ということである誰が出すのか?どういう仕組なのか?すぐに使えるのか?・・・と不思議だらけの話だが登録者が爆発している。
当然みんな全てを信用してということではない。まず無料であること、アドレスと名前だけという容易さも手伝い現実的な希望に対して受け入れているのだと思う。

つい最近までイニシアチブ Q (inititive Q)という新通貨の募集に熱中していた。参加すると上場出来た場合の高額なQというのが予約できるという条件だ。但し1人の募集人数には制限があり最高の30人までとなっているを一月以内で終えた。
こちらも登録は無料で名前とアドレスのみ、ちょっと違うのはメールにいにイニシアチブから確認が入り招待者から承認を貰う仕組みだ。
現実的な「希望」を共有しよう。

イニシアチブを紹介中にこの話「basicincom neto-work」に出会った。
イニシアチブにしろベーシックインカムネットワークにしろいくら無料とは言えども皆さんの受け入れ効率は高い無料であれば何でもこうはいくまい。
過去無料のものを取り扱った経験がある私には異常なほど充実している。(お金が入るから?「そうではない」思いを共有できるからです。)
ここで痛切に感じたのだが先程に両案件も結果は先の話でありちゃんとしているところでさえ何が起ころかわからない時代。宝くじを貰った感覚でいたほうが楽ちんだと思います。

では何故・・・現実的な「希望」はみんな持ってるんだそこに共感するものが参加するんだ。共通するのは「夢」ではなく私同様「現実液な希望」に飢えていたんだと思った。

でもこのバシックインカムが毎日100トークンを付与してくれるのはありがたい(希望を持たしてくれる)。
いろいろな難しいこともホームページには書いてあるなんだかうまく行って母子家庭のKさんも喜ぶだろうなー

と希望が叶いますように、駄目なときゃーしょうがないと思いつつ紹介してます。

未来のことです恨みっこなしでやっていきましょう。

basic incom neto-work参加要領

Basicincom net-work(ベーシックインカムネットワーク)は世界の貧困家庭救済を目的とした組織です。登録すると毎日100トークン(1トークン=1ドル)が付与されます。お友達に希望者があり招待リンクを経由すると500トークンが付与されます。
世界で500万人が登録した時点で募集は中止です。
様々なこと交換時期などについてはホームページに説明はありますが明確な時期は発表されていません。
尚、ホームページを日本語化すると上段の右に「発表」という項目がありますので要注意ですね。
参加をご希望の方はこちらから名前→姓、→(姓か名前)ユーザーネーム、→アドレス、→パスワードを入れてサインアップで完了です。
そのまま上のログインを押しホームページに入れば早速付与された額とあなた専用のリンクURLが発行されてます。

毎日100トークン($100)貰う

登録:http://basicincome.network/kosuker

1.ファーストネーム
2.ラストネーム
3.ユーザーネーム(ファーストもしくはラストネームと同じで可)
4.Eメールアドレス
5.パスワード
6.確認用パスワード

終わったら下のサインアップで完了。

ホームページは登録しないと見れません。

Amazon

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.