地震で60年前のいたずら発覚

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

地震で60年前のいたずら発覚

平成17年の福岡西部地震

平成17年の福岡西部地震で私の故郷も被害にあった。

実家は勿論のこと父の実家は経年劣化に追い打ちをかけた状態で2階の屋根が全部壊れていた。

先代は亡くなり従兄が跡を継いでる。

茶を飲みながら当時の状況を聞いていた。
「解体する時に不思議なことがあってね」切り出した。

「地震の影響は仕方がないが妙な部分が腐っていた、業者が言うには瓦が割れて長い間雨水が沁みてますと言われた。割れるような場所ではないんだけどな」

「誰か子供でも上ったか?」と私。同時に子供が上がってる風景が頭に浮かんだ。

思い出がよみがえった。

あっ、あの時だ!思い出がよみがえった。

小学校6年生の時2歳下の弟(他界)を連れ遊びに行った。

屋根に梯子がかけてある。

叔父さんに「上っていい?」と尋ねると「いいけど落ちるなよ、○○は無理じゃないか」というと弟が必至の抗議「なんで兄ちゃんだけいいと?僕も上る」「わかった」「かあちゃん、父ちゃんい言うなよ叔父さんが怒られるから」

二人で上り慣れてくると動きも活発になった。

下から叔父さんが呼んでる「わかっとる落ちんように遊びよる」

「違う走り回ると瓦を割るぞ」「割らんから大丈夫」

瓦で空手

割れると聞いて空手を思い出し「エイヤー」とやっていたら真っ二つに割れた。

今思えば子供が叩いた位で割れるということはかなり劣化していたということだろう。

沢山あるから1、2枚どうってことないさ

弟も頑張ったが割れない、手伝って割ってやった「にいちゃん凄いね」

いい気分で下に降りると叔父さんが小遣いをくれた。

さすがに後ろめたい気がして「いいよ」と言うと

「子供のくせに遠慮はせんでいいと、ありがとうって貰え」

もう絶対言えない。

忘れもしないあの言葉。長い間不意に思い出すことがあった。

場所の確認特定

そっと従兄に「割れてたのはどこの部分だった?」と聞くと

「納戸上の屋根が重なった所、一番雨に当たりにくいとこなんだけどね」

まさにその部分。しまったあー

いまさら言えない、地震で修理費用は補助が出るという。

あーせめてもの救い

叔父さん、従兄、弟皆さんごめんなさい。

あの世で叔父さんと弟がどういう思いで聞いてるだろうか。

誰にも言うまい、あの世まで持って行こうと思っていたが

スッキリしていった方が楽だし時効が来たということで。
書きました。

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.