聴覚過敏症の人もいます。

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

友達は聴覚過敏でとても困っています。

今日はFaceBookの友達のことを紹介します。

自宅の洗濯も耳当てがないと出来ないくらいひどいものです。

近所の祭りも恐れおののく始末。

そんな彼女の外出の記事を見ました。

聴覚過敏という病気は皆さんなかなか遭遇したことがないかもしれません。

でもそれ以前の話です、公共の場での振る舞いです。

公共の場では騒ぎ立てるのはよくありません。

例え楽しいことがあっても控えるべきです。

そう教育を受けてきました。背景には聴覚過敏でなくても耳さわりな方もいるのです。

ましてや教えに関しては大先輩です。恐らく仲間で盛り上がりテンションが高かったかもしれませんが幼稚園生ではありません。

いい大人が節度ある行動を取ってほしいものです。

記事を紹介します。

<これより>

バスに乗りました。

途中、シニアの団体が乗車してきました。10人ほどの全員がとにかく大声で喋る、笑う。

逃げ場がなく、私はバスの床に崩れ落ち、ヘッドホンをギュッと押さえてうずくまったけど、息ができない。

例えるなら、テニスのサーブマシーンで四方八方から内臓や脳に球を打ち込まれ続ける感覚。

過呼吸おこす寸前で終点、転がるように下車。

悔しくて、苦しくて、悲しくて、、、。。。その後、西武線の駅のホームから線路に吸い寄せられました。落ちて死ねば楽になる。・・・当然思いとどまったけれど。。。

汚い言葉も湧いてきました。(「てめーら遠足に行く幼稚園児か!公共の場では静かにしろて習わんかったんか!!×××××・・・」) 品がなくてごめんなさい。でも本心です。

やはり極鬱状態です。自分を癒す方法が思いつきません。。。

バスに乗りました。
途中、シニアの団体が乗車してきました。10人ほどの全員がとにかく大声で喋る、笑う。

逃げ場がなく、私はバスの床に崩れ落ち、ヘッドホンをギュッと押さえてうずくまったけど、息ができない。

私も常々「まだ私の方がみんなよりマシ。

みんなもっと苦しんでいる」と思って生活してます。私はまだ恵まれているほう。。。

ときどき鬱のどん底に叩き落とされますけどね? 昨日も踊っているときだけは幸せでした??

<これまで>

ご本人さんには通知はしておりますが承諾なしに掲載しました。

極端なことをしなくても日々すこしでも周りを察知し、行動を取ることはとても大事だからとついつい生の話でしたので投稿させてもらいます。

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.