Windows10無償アップグレード後のトラブル解消

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Windows10の修復ディスクは無償でできる。

windows7からマイクロソフトの無償Winsous10へのアップグレード後の不具合が多々見受けられます。
結論から言います。無償で修復が可能です。

今、記事を書いてるパソコンは廃棄寸前のパソコン、今ではバリバリです。

いきさつ

Windows7からWindows10に無償アップグレードしたエプソンのパソコンを廃棄寸前に譲り受けた。
が、とんでもないことにキーボード、マウス、モニターが作動しない。ゴミ貰ってきたんだ、しかし一時期でもWindows10が動いていたんなら何とかやってみようと思い直しモニター以外は無料で入手して起動の状態になった。

しかしWindowsメニューが表示されない終了するにも複雑な方法て前に進まない。
元の所有者は不具合発生後全く使ってなかったとみて相談にならない。
過去関わりのあるサポートでも解決せずあきらめかけた時、家族内に頑張った成果が出るという朗報があった、孫が無理だろうと予測していた高校に合格した。「やるときゃやるじゃないか」と声を掛けた手前負けてはいられない「やればできる」という思いと探究心で再度チャレンジすることにした。
昔、消臭剤の宣伝に「元から断たなきゃ駄目」という言葉を思い出し確かプロダクトキーさえあればソフトは無料配布されてる筈と気付きネットサーフィン。いとも簡単に該当ツールが見つかった。問題なのはプロダクトキー、Windous7からグレードアップしているらしいので手元にプロダクトキー番号が確認できない。ゴミで終わらせるかもう一度日の目をみさせるか掛けに出た。要はインストールメディアを確保すればプロダクトキーはハードディスク内部で確認してくれると神頼みでの実行。

BIOSが立ち上がりさえすれば大丈夫。

手順は下記にリンクを貼っているがもし全く使えない場合別のパソコンで事前準備(ディスク作成)をすれば大丈夫だ。

個別認識はディスクを入れてから始まります
インストールメディアを作成して該当マシンにセットすれば大丈夫。
流れとしては

インストールメディアを作成する。

インストールメディアを作成する方法

1、USBに指定のwindows10のファイルをダウンロードする。メディアを作成する場合は、4 GB 以上の空き領域がある USB メモリ、または書き込み可能な DVD が必要です。

ダウンロードを行う PC のビット数に合わせて、32 ビットもしくは、64 ビット を選択してください。
※ 32 ビット版または 64 ビット バージョンの Windows オペレーティング システムを実行しているかどうかを確認する方法はこちら
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/827218

2、そのファイルをもとにインストールメディア(DVD)を作る。
3、そのメディアを該当マシンに入れる、
4、案内が出たら

5、Preess any key to boot from CD or DVD..と表示が出る。「何かのキーを押して下さい」という意味なので押す。下の画面が開く。

6、パソコン内からデターを拾い出し機器を認識しこのパソコン固有のものとなる。どやらプロダクトキーも認識したようだ。

(リカバリディスクもないし、プロダクトキーもないのにと思っていたらここで認識した)

ハラハラドキドキというよりワクワク感の方が強くパソコンがいとおしくなってきた。

7、コンピューターを修復するから始める。今すぐインストールは無視

8、オプション選択画面「トラブルシューティング」を選択

9、詳細オプションを開くと一覧が出る。ここでは「システムの復元」を選択。以降は流れに沿って行くだけ。

以上が流れになります。

ここで作成したDVDはオリジナルリカバリディスクなので大事に保管されることをお勧めします。

まとめ

私はこういった方法は不慣れです。しかしさんざんやってみてダメだった場合、おうおうにして一つ一つの作業に忠実でなかった、早とちりをしていたという経験が幾度とある。属にいう「習うより慣れろ」ですが書かれてることを理解できるように頑張って、時には言葉を検索して理解することが大事です。私は69歳ですがパソコンが好きなのは手短に達成感を味わえることができるからです。作業工程の一部の話題は周囲には理解して貰えません。孤独を味わいながら分かるように伝えるという事は先々の貴重な知的財産になります。
あるところで見かけた「ネットで95%は解決できる」という言葉を信じて小さな悩みも解決して自己満足に浸ってます。書き落としがあるかもしれません。ご質問にはわかる限りお答えします。最後までありがとうございました。

参考:究極下記URLで解決できます。
Windows 10 のインストール メディアを作成する方法
Windows 10 – インストール メディアから回復環境を起動する方法

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.