initiativeQは無料参加なのに何故コインを貰えるのか?

2018/11/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

inititiveQを紹介していくと無料が怪しいと言われる。

一言で言うと実在せず評判を落とした新通過業界で無料だけで参加者は集まるでしょうか?
無理でしょう、数千円のコインを提供しますといっても「ますます怪しいと言われるでしょう」。
世の中には卵が先かニワトリが先かという論理によく出くわします。お店で言うならば店の開店と顧客の勧誘と同時進行して間もなく閉店もしくは経営者が変わるという状況は日常茶飯事です。一挙には無は無理があるんです。

何故高額なのか

では何故高額なのか?という質問もよくあります。人を動かし納得させるには高額でないと無理なんです。さらに世界中で数千万人の市場となるとコインを貰ったユーザーであり営業マンが必要なんです。
内容的に重複しますが世界的に新通貨はどれだけ最新式であろうとも市場と売り手を作るには莫大な資金が必要です。無料でコインを配布してでも市場が確率すればリスクを抑えることができる。結局早い段階で黒字化ができ売り手も市場があれば列を成すでしょう。卵が先かニワトリが先かという話のようですね。新しい通貨には現在のコイン、通貨が流通でお金をロスしてる改善点も多く採用されています。世界で数百万人数千万人が必要かも知れません。それはお誘いするごとに招待者へも追加のコインが発行されます。これはinitiatibeのある意味営業マンに置き換わるわけです。それにより一気に加速させようという狙いがあります。現実1周間前にお知らせ始めたら50名以上になってます。恐らくまだ認知されていないてべるでも日本に私のような人が数万人存在(私の憶測公式FBページのフォロワーが数万人いるからです。

これよりinitiativeQ公式テキスト

これは PayPal の開発者達が開発した Initiative Q という新しい通貨と決済ネットワークです。Q 通貨は現在既存のメンバーに紹介された方に無料で配分されています。

何百万人もの人々が参加すれば Q が主要決済ネットワークになれるというアイディアで、非常に有名な経済モデルによれば、Q が主要決済ネットワークになることでリワードの価値が約 $50,000 になります。
受け取れる金額は毎日少なくなっており、1 人のメンバーが招待できる人数は限られています。こちらの招待リンクをご利用いただけます

initiative招待リンク
招待申請及び公式サイト
(ご心配なく。何も裏はありません。お名前とメールアドレスだけいただければスポットが予約されます)。

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.