無限連鎖講(ねずみ講)

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

私は現在アンビットエナジー・ジャパンという新電力会社のコンサルタントをしています。

コンサルタント活動をする中で大変な誤解が蔓延していることがわかりました。

「ネズミ講じゃないの?」「法律違反でしょう?」等々

私にとって天と地ほどの違いです。

 

アンビットエナジーについて

アンビットエナジーとは日本では昨年から始まった新電力(電気小売り部門の自由化に参加した会社)です。
一足先にアメリカでは50の州の内16の州が2007年より自由化に踏み出しています。

10年以上前からです。ここで実績、お客様満足度で何度も受賞した会社です。

現在、日本では400社程が電力自由化に賛入し、経産省に認可されています。旧電力会社関連以外は初心社です。

電力自由化の目的は市場競争原理に元づいて消費者によりメリットを高めようという狙いです。

国内の同業者はアンビットの動向に注目しています。

過去の経験、実績を元に展開して行く様は始めたばかりの業者にとっては気になる存在です。

ネズミ講ですよ、日本では違法ですよ、

経産省の認可がないと活動できません。

登録番号A0401 (登録年月日平成29年4月25日)経産省のホームページに公開されてます。

問題があったり、怪しいげな販売方法であれば認可するでしょうか。

大きな意味で理解頂けますでしょうか。

国の政策事業ですので厳正です。

ネズミ講との違い

やっと本題に入ります。

法律の問題はややこしくなりますので一般論として話させていただきます。

まず、法律にネズミ講という表現はありません。「無限連鎖講」といいます。

講とは

昔は近所でも講というのがあって定期的に内輪で積み立てをして一定の時期になると誰が優先的に使うことができるかという苦しさの中に楽しみを、冠婚葬祭の助け舟として実在していました。

これはむしろ助け合いという意味の講です。

これを悪用したのが「天下一家の会」です。
出資者を募れば自分に現金が入る、上部の人は間違いなく大儲けします。

ココ大事!!要は物品、サービスを共わない現金授受なんです。

無限連鎖講とMLMの違い

最近ではMLM(マルチレベルマーケティング)という表現よりもネットワークビジネスという方が多いようです。

ネットワークビジネスとは連鎖販売取引 ( 連鎖販売取引 ・ マルチ商法 ・ MLM )などの総称で合法のものを指す。(個人観点で相違あり)

 

適正な物品、サービスの対価としての無限連鎖は日常でよくあるどころかそれを得るために努力されている方も大勢いらっしゃいます。
「行列ができる店」美味しい、素晴らしい等の評価で口コミで広がっていく、宣伝経費はかけずともお客様がお客様を呼んでくださる。

そこに積極的に宣伝していただいた方、その方に教えていただいた方に店側がお礼をすると考えれば極自然なんです。

WowAppもネズミ講?

私は1年前から無料通信アプリWowAppにも参加しています。

1年間毎日報酬を貰いました。が、私は1円たりとも出していません。

仲間とほぼ毎晩チャットしてストレス解消、心配事の相談、討論してただけです。

永久無料でありしかも報酬の一定の割合額を毎日慈善団体に寄付をしています(現在連続1年以上になりました。)

これすら「ネズミ講だ」とののしられ弱者救済マーク啓蒙活動グループに参加していた時要注意人物としてグループ内に拡散され退会するはめになりました。少数の方が理解して頂いて現在も好みのNPOに募金を続けています。

「お金を出さないネズミ講ってあるの?」知識のない無責任な人の発言で退会せざるを得なくなったことに怒りさえ覚えました。
(冷静に考えると周りの方もその言葉に乗せられるくらいの知識しかなかったということです。)

WowAppは共有の力は「大海の一滴」という思いで世界50ヵ国の仲間がいます。

私のグループには15カ国の方々も参加してます。

こんなシステムがもっと々広まるといいなと思っています。

まとめ

ネズミ算はネズミ講ではありません。
無限連鎖は自然現象です。
無限連鎖講が違法なんです。

[相違点] ・ネットワークビジネスは、商品(サービス)が存在する
・ネットワークビジネスは、合法(特定商取引に関する法律に定めあり)
・ねずみ講は、商品が存在しない
・ねずみ講は、無限連鎖講の防止に関する法律で違法

[共通点] ・人から人を紹介し、ネットワークを広げる
・人は無限では無いので、広げるネットワークに限界はある(人口を超える事はできない)
・ピラミッド組織型

「知らない人程ネズミ講」というが私は二通りあると思う。

1、違法な行為だという意味の場合

2.広がり方が分かり易く言うとネズミ算式だがついつい悪気なく「ネズミ講」といってしまう。

違法なことを大々的に言えるほど無法国家ではない。勿論、中には違法なものもあると思うがいずれ淘汰される。
よくわかってない人程ない知識で「やめといたがいいよ」などと無責任なことを言います。(大変な責任問題だと思う)
今日もあるグループで見かけたが親切気に「やめたがいいよ」人の人生をそう軽々しく言うもんじゃない。それなりの知識を持って当たれ!と忠告したい。
胸につかえた物を出す勢いで書いたので誤字脱字は後ほど修正します。
長文をお読み頂き感謝します。

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.