オウンドメディアとペイドメディア

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

私は将来性あると見込んだグループに参加した。

するとどうでしょう。過去ワードプレスというブログの存在は知ってはいたけどとても自分ができるものではないと決めつけて近くに寄ることはしなかった。

参加と同時に「ワードプレスを使い最新の方法を伝授します」とのこと

過去の経験からして「最終的には自分で」という言葉の使いまわしで有能な人のみが残っていく。という状況を見てきただけに「こりゃあかん」と思ってしまった。

たまたまこのグループ参加が無料期間だったので出費は一切無し。

過去の経験からいい先輩をと探して選んだがお金出しても期待できる状況まで行くのは至難の業なのにワードプレスを使ってビジネスを生かすという目的には程遠い。「挫折覚悟」気持ちのノリがないままにスカイプでレクチャー。記事を書くよう課題が出たので覚えたことを記事にした。

1日起き位に連絡がある、熱心だ「何がそこまでさせるのか不思議でもあった」言われるがままに記事を書き一月ほどした頃

Googleの検索エンジンで自分の記事を検索するように言われた。

「やり方だけは覚えておかないと」言われるグループ名のキーワードで検索すると私の書いた記事が次から次にヒットする。100位以内に入っている。

「なんてこったい」「そんな馬鹿ななにかの間違いだろう」先輩曰く「間違いではありません、言われたことをちゃんとやったからです。にしても早い成果ですね」

「あれほど熱心にやってくれてるのにせめて言われたことぐらいはやらなければでやっただけのこと」難しい課題は何一つなかった。時には私のミスでログインができない状況になりほぼあきらめ状態の時でも先輩が調べながら3日3晩後に復活した。「サポートが新しく作ったが早いと言ってたのに」。

「全てに通用するよう習得して将来の財産を構築するんですよ。」

「やっと本音がわかってきた。知るほどに素晴らしい」「これから最新のマーケティングに入っていきます」

「ここまでは来たが私には無理でしょう」と言ってる矢先に先輩の先輩から記事に対してお褒めのメールで早速先輩が尊敬する先先輩からレクチャーをしましょう。って

ネットで調べたら凄い実力のある方で早速「オウンドメディアとペイドメディアのレクチャー初級編」あれほど苦手意識だった横文字メディアがなんとか理解できた。

このグループってビジネスの一つを追ってるんではなくて全てに通用するものを教えてくれる。たまたま実践例に現在のグループがあるという感じだ。

どうやら先先輩からの流れらしい。

これが有料塾だったら予想がつかない金額いや出してもここまでどうだろうか。

相変わらず奉仕を受けている身分、早く会得して皆さんに生でお伝えしていくことがお返しになると思っている。

私はヤングシニア68歳です。この年でこんなことできるんだったら後期高齢者のころが楽しみだ。(いきてりゃね)

私の記事は起こった事をそのまま書いているだけなので人の役に立てる記事にはもう少し時間がかかると思うが為になる記事を残すのも生涯の楽しみだ。

今後の私の活動を見ていてください。きっと見ていてよかったと思えるブログにしてみせます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.