第2世代目のボーナスが入り始めた

2018/11/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

ソフトバンク優勝おめでとう

ソフトバンク優勝で沸き立つ時間私に異変が起きた。
それは先月20日に始めたinititiveQの変化だ。
優勝ムードで押されたのかどうかわからないが新規登録者が5人も承認待ちに来てる。
実は15人を招待した後ボーナスが発生しない状態が続いていた。

最大追加で4 人の友達まで確認できます。 友達が招待して確認した新規メンバーに対してのみ Q を獲得する時がやってきました。今後19 日間41 人目の招待から 120 人目の招待まで、各新規メンバーに対して10,335獲得できます。

16人目から26人目までは無報酬だった秘密

多分英文翻訳のニュアンスで私がなにかミスをしたんだろうとゲーム感覚でやっていた。

昨夜は第2世代が38人だったので数日のうちに40は突破するだろうからそこで確認しようと思っていたところが前述の参加者殺到。よく見ると新規参加者を承認すると同時に数名の紹介者を連れている。
41人目が始まったということだった。
周囲には私より上の上位者がいなくて無報酬期間を惰性で来た私はモヤモヤしていたが緻密な計画と評価している私はinitiativeQのことだから何処かで埋め合わせどころか楽しみを増大させてる筈と期待していた。が、ソフトバンクの優勝に合わせるとは憎い。
自己残高のQ209,286になっている。(Q167,000からいきなりのUP)

サインアップボーナス

ここまでの推移を説明すると招待者(必ず必要)の招きで参加した時点でサインアップボーナスとして私の場合Q12,919を貰った(時間経過と共に少なっていく)現在はQ4,000位だろうか)   Q=$と置き換えると40万ということになる。
これは貰った時点で確定でその後何もしなくても権利は守られている。
(inititiveQに質問はできるが翻訳なのでピンとこないことが多い。)
参加すると後〇〇日間に5人招待すると〇〇を得ることできるとあるが自由選択でやらなくても問題はないが貰うのは少ないより多いほうがいいから「教えてあげる」という時期が必ずくるから。

で、5人になったら「エバンゲリオン」という怪獣じゃなかった称号になり10名の招待ができます。
10名招待し終わると

チャンポンもといチャンピオンという称号になり2世代メンバーが40人超えるまでは報酬がつかない。(ところがここで手を抜くと後々に影響する)
40人超えるまでは第一世代のお手伝いなどで松のみ。

私は40人を超えた翌朝なのでこの先のシステムはわからない。

変化あれば公開します。

招待リンク

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.