サイト名変更してGoogle1位にするには

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

サイトタイトル変更

2018年3月27日、日付も変わろうとする瞬間にサイトタイトルを「わんどう徒然日記」から「いさりば」に変更した。

筆者はヤングシニアだがサイトは1才未満。サイト名に特段の執着はないので先輩からのアドバイスに共感してのこと、長く運営されているサイトだとSEO的にも問題があるかもしれないが(憶測)現時点では影響は感じない。

一つ気になることがあるサイト名を変更するとGoogle検索エンジンがどの程度で認識してくれるんだろうか?ま、1週間位覚悟しておいたがいいかなと自己判断して実行。変更作業完了時点で日付が変わった3月28日になった。

3月28日朝起き抜け、おもむろに検索窓に「いさりば」「でんきしょ」で検索・・・時間は7時過ぎなんと表示されているではないか。感動してしまった。

3月29日18:00にはどちらも正規に表示されています。

ワードプレスのブログを2分割した「アンビットエナジービジネス奮戦記」を「でんきしょ」に変更した。どちらも29日18:00にはバッチリ表示されている。

 

ドラマです。記事を書く前に検索した時は表示されていなかったので、表示されていないキャプチャー画像撮って掲載しようと開いてみたらなんと存在していた。ただこちらは「でんきしょ」のサイト名だけになっている。

結果的にサイト名変更後のGoogle認識反映は「いさりば」が確認時点で7時間ほど「でんきしょ」が32時間程度になる。

この作業は先輩からのLineによるアドバイスがきっかけです。

ブログタイトルSEOは大昔のアフィリエイターが作り出した都市伝説です(笑)この部分です。

その他にも目からうろこの貴重な情報をも紹介していただきました。

記事は古いそうですがこれが今注目を浴びる「エバーグリーンコンテンツ」です。
※エバーグリーンコンテンツとは一言でいうと文字通り「常緑」です。時を選ばず常に価値あるコンテンツ。具体的に言うと辞書、Wikiのようないつ見ても為になるものと捉えればよいかと思います。

セルフブランディングで失敗しないネットワークビジネスブログの書き方

筆者が胸に手をあて反省した深ーい部分が冒頭から始まります。

「この素晴らしい最高のビジネスモデルで私たちと一緒に成功しませんか?」という記事に出くわすことがある。
ヒトの感情というものは、その発信者が考えるほど単純なものではない。
まして、たまたま訪れたブログで「私たちのビジネスは成功確実です!」と言われて飛びつく人を探せると本気で思っているのだろうか?。
まぐれ狙いではビジネスを成功させることはできない。

施策が見えないブログ記事
施策が見えないのはブログ記事に限ったことではない。SNSの投稿でもそれが多い。
もちろん入り口は釣りだという思惑でやっているのであればそれはそれでうなずける。
エサのついていない釣り糸でも垂らし続けていればまれに魚が繋ることがあるかもしれない。
それは釣った魚にしっかりとした素敵なエサが用意されていればの話だが、実際はそうではないようだ。
同じように「エサのついていない釣り糸を垂らしましょう」というのがオチだったりする。

まとめ

筆者はあるグループに所属しています。同様なグループには過去参加したことがありますがこのグループは核心の部分をアドバイス、ときにはSkypで画面共有してレクチャーし、底力を教えてもらえます。成果は早く欲しいのは人の常ですが根本をないがしろにして結果を求めるのは応用力が身に付きません。このノウハウを今後参加するであろう仲間に伝授できるようにとことん吸収していく決意です。
特にエバーグリーンコンテンツは高齢者が秘めている貴重な資源です、日本の資源と言っても過言でないでしょう。ぜひ同年代の皆様にもお伝えしたいです。

※特別に検索1位に表示させる具体的な方法

ブログタイトルを変更してそのタイトルでgoogle検索1位にする方法。
記事のタイトルは直接SEOで呼び込む為のものです。ブログタイトルはファンを作りリピーターを増やす為のものと考えてください。「わんどう」「徒然日記」では意味のある2つ単語を連結しただけで、検索者がどちらで検索しても「わんどう徒然日記」にたどり着くことは難しくなります。
まったく意味の通じない造語を作って、それをブランディングしていく作業が日々の記事になってきます。

5から7文字以内の造語に。

考えた造語をGoogle検索で検索してみて該当がなければ間違いなく1位に来ます。
それぞれの記事はSEOでのランディングです。
短い造語タイトルで、検索したら必ず1位表示されるというのはウェブマーケティングの基本なんです。
そこで作ったファンが、「もう一度あのページを見たい」と思った時にアクセスしようとするのがサイトのトップページです。SEOでのランディングはそれぞれの記事。サイトのブランディングはトップページなんです。
ヤフー、Google、食べログ、インスタ、フェースブック、ポケモン、仮面ライダー、ウルトラマン、プリキュア、ユーミンなどすべてそうです。
How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.