全面コピーと部分コピーはスニッピングツール(Snipping Tool)で

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Web画面のコピーはキーボードのPrtSsysRq(プリントスクリーン)を押してペイントブラシに張り付ける方法は知っていたが部分的にコピーする場合ページをコピーしてその中から必要部分を切り取りしていたがスニッピングツール(Snipping Tool)という便利なツールがあるのを知らなかった。一度画像として取り込んだページから切り取りでは手間がかかる。
例えばこの画面のビジュアルエディターをスニッピングすると↓ ↓ ↓このようになる。

 

部分コピー見本↓↓

Windowsバージョン毎の設置方法

WindowsではVISTAから搭載されている。知らずに長い間不便な思いをしてきた。
スニッピングツール(Snipping Tool)はWindowsのアクセサリーの中にあるがバージョン毎の起動法紹介

Windows10の場合

[スタート] ボタンを選択します。タスク バーの検索ボックスに「snipping tool」(残念ながら日本語では出ない)と入力し、結果の一覧から[Snipping Tool] を選択します。

Windows 8.1 または Windows RT 8.1 の場合

画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して [検索] をクリックします)。検索ボックスに「snipping tool」と入力し、検索結果の一覧から [Snipping Tool] を選択します。

Windows 7 の場合

[スタート] ボタンを選択します。タスク バーの検索ボックスに「snipping tool」と入力し、結果の一覧から[Snipping Tool] を選択します。

起動

起動するとこのような画面が表示される。

メニューの切り取り領域をキャプチャする

    1. Snipping Tool を開いた後、画像が必要なメニューを開きます (Windows 7 の場合は、メニューを開く前に Esc キーを押します)。
    2. Ctrl キーを押しながら PrtScn キーを押します。これにより、[開く] メニューを含めて、画面全体をキャプチャできます。
    3. [モード] を選択して (以前のバージョンでは [新規作成] ボタンの横にある矢印を選択して)、切り取り領域の種類を選択し、キャプチャする画面上の領域を指定します。

      切り取り領域にコメントを付ける

      切り取り領域をキャプチャした後、[ペン] または [蛍光ペン] ボタンを選択することで、その切り取り領域上またはその周囲に書き込んだり描画したりできます。書き込んだ線を消すには、[消しゴム] を選択します。

      <h2>切り取り領域を保存する

      切り取り領域をキャプチャした後、[切り取り領域の保存] ボタンを選択します。
      [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイル名、保存場所、およびファイルの種類を指定し、[保存] を選択します。

      URL を削除する

      ブラウザー ウィンドウから切り取り領域をキャプチャし、HTML ファイルとして保存すると、切り取り領域の下に URL が表示されます。URL が表示されないようにする方法

      Snipping Tool で、[オプション] ボタンを選択します。
      [Snipping Tool オプション] ダイアログ ボックスで [切り取り領域の下に URL を追加する (HTML のみ)] チェック ボックスをオフにして、[OK] を選択します。※Windows10では切り取ったキャプチャーの枠線を色指定できます。

       

      切り取り領域を共有する

      切り取り領域のキャプチャ後、[切り取り領域の送信] ボタンの横の矢印を選択し、一覧から任意のオプションを選択します。

      Snipping Tool で使用できるキーボード ショートカット

      まとめ

      非常に使いやすいし、一通りこなすと活用範囲は一気に広がります。
      テキストをキャプチャーした場合、画像で保存しているので編集はできないので勘違いがないように。(わかっていながらよくやるんだなこれが)

      ※Windows10ではsnippinngtoolを使い続ける場合タスクトレイにが表示されてる時にアイコンを左クリックしてタスクバーに常駐ができます。

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.