招待活動の注意点

2018/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

10月20日に参加して11月19日丁度一月間でinititive Qからの活動条件をクリヤーできた。
この私が一月でできたことは自分で言うにもなんだが珍しい事だと思う。
それのは大きな動機がある。
新しい通貨を発行する段階で市場を先に作る。
そのために招待された参加者には発行される通貨を無料で提供しようという仕組みだ。
無料で提供といっても私が参加した時点では「Q12,919」である。
さらに招待した時点で「Q10,339」が加算されている。
※サインアップボーナス、招待ボーナスは時間とともに安くなっている。

Qの表記と価値は?

この表現はドルであれば頭に$マークがつくし円であれば¥マークがつく。
「Q」は未だ通貨としては認められていないから未知の通貨表記である。
但しこのままでは価値が全くわからない。initiative Qの公式ホームページを見ると1Q=1us$が当初の計画だがここでは暫定的に1Q=1$と置き換えればよい。
$もレートは本日現在で112円だが自分が貰ったQの価値を分かりやすくするなら$を100円と仮定して予約分に100倍すればいいことになる。
サインアップ(登録)では12,919の100倍だから1,291,900円になり
招待ボーナスはQ10,339の百倍で1,033,900円になる。
とんでもない金額だ。

コンマ「,」と少数点「.」

皆さん当然おわかりと思うが数字の表記で「.」は小数点で「,]はコンマということは誰もが知っている。ところが大の大人が数字が読めない現象が続出。
100倍して下さいと言っても答えが帰ってこない。(わかるんですね100倍するとそんな、いくらなんでも・・・日本人特有の控え目さなんでしょうか)

FBの友達に招待メールを送ると非常に反応がよい

「どうなるかわからない」
普通未来のことなんかまともに計画を公開しているにも関わらず頓挫する事例は多い
特に新しい通貨ともなると予測できない壁が生じる。
オフィシャルページにも「確率の低い宝くじと思って下さい」とある。
私はこの一言が気に入り参加したといっても過言ではない「謙虚だ、素晴らしく見せようというのが世の中の定説のように感じる中、卑下はしてないけど好感持てると思った。
早速ありのまま「確率の低い無料の宝くじ」を紹介します。
おふざけな一面があるがイタヅラに射幸心を煽るようなことを言うと迷惑をかけると思ったから。
初日に10人程に伝えたが早いひとは折返しで登録があり時間を追うごとに4名の登録者があった。
私はinitiativeQの内容を見た時「この年齢で現実で夢を見るのはもういささか無理がある。過去が物語っている。夢ではなくこれは希望だ楽しんでみよう」という思いが強烈にあった。
「どうなるかわからないをキャッチフレーズに招待したのに・・・私と同じように希望と捉えてくださる皆さんが参加して貰ったんだ」という確信を持った。

参加して5人の招待事件

参加者は日毎に増え、早速招待されてるメンバー続出。
ところが全く動きがないメンバーさんも・・・話を聞くと参加した時点で「〇〇日までに5人の招待」とあったので自信がない、「指定日までは無理だと思った」「もう過ぎてしまったから招待ができない」という回答。
これは私にも責任があるが私を含めほぼ全員が同時スタートその場に遭遇してわかることが多い。
実は5人というのは指定時期までだと招待報酬がでますよという意味。
例えば3人までは招待ボーナスがあったけどあとの2名は招待ボーナスが出ない。という意味で報酬があってもなくても5人をクリヤーすれば6人目からは報酬が発生する。
initiative Q にはシステムの紹介がない行き当たりばったりだ経験者がいて初めて現実がわかる。
それがきっかけで私は行動の全てを公開している。
問い合わせにもわかる限りは答えている。遠方から毎日電話を頂くかたもある。
5人問題のメンバーは数名は再スタートを切った。
この時点で私は第一世代のメンバーが30人に達し新規招待ができなくなった。
但し報酬は第2世代が参加する度にQ10,335(1033500円)が追加される。
ここで思ったのはいろんな事情で期限に間に合わず止まっているひと、でもなんとかして6人目からの報酬にこぎつける人の差はここで明確になる。報酬がつかなかった参加者には秘めた無限の知人がいるということ。

登録で承認が上手くいかない

新規登録の際2つの承認という作業がある。
1.まず一つは登録者本人がする自己承認これは登録したことの確認方法
2.二つ目は招待者が登録を承認する
ここで先にお伝えしたいには承認がうまく行かず参加ができなかった。
これまで通りのやり方でうまくいかない。等で登録がおざなりになっている場合。
大問題です。参加者の気持ちと招待者の思いを考えると何としなくてはなりません。
私は未だにお手伝いする中でそういったケースが多々あり時には登録者本人の意思を確認し、全て解決しました。
要点をお伝えします。
Google,Facebook,Twitterで登録した場合自己確認メールはメール内の承認タップのみの承認ですみます。承認番号の入力は必要ありません。(こちらで登録すると顔写真が表示される。)

登録者の承認ができない

この場合自己承認ができていない場合が殆どです。
・initiative Qからのメールに気づかず承認ができていないケース
登録者へ確認を要請しましょう。
但し以下の場合もあります。

・inititive Qからメールが来ていない。
招待者の承認が取れない場合数時間すると自動的に削除されます
削除される前に同じ名前で登録しようとしても受け付けられない。
削除された後に再登録はできますがこの場合アドレスを変更したほうがよいケースが多い。
※softbankのメールアドレスで〇〇@i.doftbankは相性が悪いようです。ある参加者の場合2度の自動削除を待ち別アドレスで別端末で登録したがやっぱり無理。別アドレスも〇〇@i.doftbankでした。他にアドレスは持ってなく同じ作るならgoogleアカウントなら承認が楽なので登録者に提案した所アカウントを作ることにチャレンジし、見事解決。この間3,4日かかったけれど登録者の熱意があり出来たと思う。(この時つくずく思ったのはちょっとした手違い、エラーで相手のチャンスを失わせるということの重大性にだった。)

問題が生じた時あなたは?

特に登録者を招待したあなたが問題が発生した時親身になりあなたの紹介者とかに相談し、どれでもわからない時にはinititive Q に問い合わせる方法もあります。
何を言いたいかと言うと私は皆さんのお手伝いしてたつもりが実じは私が貴重な体験をするチャンスに恵まれたということで自信が付き励みになりました。

まとめ

現在私が保有?する「Q」はQ994,744です。
円換算すると1億近い数字です。これが今現実だとブログなんか書いてなくて何処かに行ってますよ(笑い)
でもおもちゃさんごっこを一月間してきたつもりはありません。未来の不確定なことでもお誘いした仲間の手前真剣でした。(間違い結論でてないから真剣です。
希望をひしひし感じながらそっと影ではホームページを隅々まで舐め回し自分の本音に刺激を与えてます。

ハードルは高くない

みんなと共有できる希望があれば充分です。
inititive「Q」は18才以上です。
「誰かを誘いたい」ではなく「誰かに伝えたい」と思って下さい。
若い方に是非ともみんなで作り上げる希望という思いで是非参加されることを望みます。
私は自慢できることはひとっつもありませんが失敗事例は山程ある爺さんです。
昔流行った勝ち組と負け組という言葉がありますがせめて精神的に勝ち組でありたいと思います。
決してハードルはたかくない。

コメント、質問がありましたら遠慮なく頂ければ「知らないことはしらないと」言いますし「わかることはお答えします。長文ありがとうございました。

グループ応援リンク

私の仲間のイニシアチブ Q への招待です。

Initiative Q は元 PayPal の開発者達による、1950 年代に開発されたクレジットカードに代わる新しい決済システムを開発するための取り組みです。このシステムは Q という独自の通貨を使用し、準備ができ次第人々がこのシステムを使い始めるように、現在サインアップした人々に Q を無料で配布しています (参加者が増えれば増えるほど金額が減っていくため、早く参加したほうがお得です)。サインアップは無料で、必要なのは名前とメールアドレスだけです。失うものは何もなく、この決済システムが世界の主流決済手段となった時、予約された Q の価値が非常に高くなります。

「かっちゃん」の招待リンクです: https://initiativeq.com/invite/HlNGYFu2Q
「さとみん」の招待リンクです:https://initiativeq.com/invite/HG1XDtM37
「ひろ」の招待リンクです。:https://initiativeq.com/invite/rxeNcOMg2m
「すーさん」の招待リンクです:https://initiativeq.com/invite/rEgXBoNso7
このリンクは私達の招待者数が制限に達した時点で失効します。こちら側で登録を確認する必要がありますので、登録したらお知らせください。

Amazon

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.