深夜の商店街を馬で駆け抜けた

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

交通安全パレードペナルティ

交通安全パレードが台無しだと警察から皮肉をいわれ

あげくの果てに 暴走したペナルティとして当時防犯灯として電柱に白熱灯がついていた

がその電球を取り替えるというものだった。

完全に消えている2箇所ほどを皆で周り取り替えた。

警察がらはあまり無茶はしないようにと言い残して帰っていった。

中学生の乗馬クラブ

仲間と厩舎の2階で飲み始めた、その仲の一人が

今度中学校の運動会があるが運動場を馬で走ってみないかということだった。

当時牧場のオーナーの好意で近所の中学校に昔大学で乗馬をやっていた先生がいて

乗馬クラブをつくっていた。

早速先生に連絡、「面白いクラブ紹介ということで校長にかけあってみよう」ということだった。

但し、馬が興奮して危ないかも知れないので我々仲間もサポートしてくれというものだった。

中学生たちは檜舞台に向かって毎日遅くまで練習していた。

いよいよ当日厩舎から中学校まではそれぞれが騎乗し、中学校に向かった。

子供たちが「マリリンモンロー」という馬が異常に興奮していて不安な状態。中学生が主役のお披露目なのに大人がどうだろうかと思ったが先生の安全でなくてはという一言に私が乗ることになった。

乗り込むだけで走り出しそうな勢い、なだめながら中学校に到着。

顧問の先生がマイクで生徒を紹介していくその間グランドを歩きながら入場行進をしていく。

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© いさりば , 2008 All Rights Reserved.