initiativeQの収益

2018/11/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Initiative Q はまだ初歩段階のため、すべての Q がおよそ 1 USD あたり 1 Q の価値で使えるようになるにはしばらくかかります。

Initiative Q のロードマップは、Q 通貨の広い普及に向けた一連の段階に基づいています。各段階は、参加者が前の段階と獲得した Q インセンティブに基づき、実行することが道理にかなった決断と考えるようにできています。

このロードマップにはまだ多くのリスクや課題が残っており、これらのステップはどれも成功するという保証はありません。

メンバー募集キャンペーン

目標:何千万人規模となる高い可能性を含む、急速なユーザー数の増加。

達成方法: Initiative Q の成長戦略は、サインアップと友達を招待することによる Q インセンティブの配布に基づいています。現在の時点ではそれぞれの新規ユーザーが平均で 2 人以上のユーザーをサインアップさせており、順調に進んでいる様子です。

決済ネットワークの開発

目標:実証済みのテクノロジーを採り入れた高度な決済ネットワークの開発。

達成方法: 大規模なユーザーベースが確保されたら、最高の革新的決済テクノロジーを採り入れた決済ネットワークの開発と導入が可能になります。また、メンバー募集キャンペーンの成功により関心が高まり、Initiatie Q 決済ネットワークの開発に対する十分な投資が集まる見込みです。

Q のローンチ場所の選択 – Q の普及率が最も高い場所

目標:ローンチ場所には世界の人口の 1% 以上が住み、現地人口の 5% 以上が Initiative Q に登録している場所が選ばれます。

販売者募集キャンペーン

目標:ローンチ時に Q を決済方法として受け付ける販売者を募集します。ローンチ場所での取引量の 10% が実際の店舗でのものとなり、オンラインストアが有利な価格で製品 (取引量) の 50% を占めるようにします (つまり、オンラインの購入者が希望の製品を Q で販売しているストアを大抵少なくとも 1 件は見つけられるようにします)。

達成方法: 購入者とは異なり、販売者は Q への参加 (統合) 時に多少のコストとリスクを負い、購入者よりも募集が難しい可能性があります。しかし、販売者にとって参加することが魅力的になる要素がいくつかあります。

既に地元における大規模なユーザーベースが確立された後での募集となるため、「鶏が先か卵が先か」の問題がありません。販売者は既に必要な潜在的購入者が集まっていることを知った上で参加できます。
購入者よりも販売者の数のほうが少ないため、販売者は大幅に多くの Q リワードを獲得できます。
販売者の募集は前段階の成功後に行われるため、Initiative Q の成功の見込みが高まり、Q の推定価値も高まります。

金融委員会の結成

目標:業界をリードする金融の専門家を募集し、Initiative Q の会社から独立した金融委員会を結成します。Initiative Q のどのステークホルダーがこの委員会の委員の任命・解任を決定できるかの管理プロセスを制定します。

初期の資金集め

目標:1 億 USD 分以上の未来の Q を投資家に販売します。

決済アプリの配布
目標:登録ユーザーの 25% に決済ネットワークのローンチ前にアプリをインストールしてもらいます。

達成方法: ユーザーはアプリケーションをインストールすることで追加の Q を獲得できます。登録する手間をかけたユーザーの多くがアプリケーションをインストールすると見込まれています。Q の機能通貨化が近づくにつれ、ほとんどのユーザーが追加の Q インセンティブを見逃したくはありません

選択された場所でのエージェントの募集

目標:場所ごとに最低 1 人のエージェント。エージェントは規制認可、カスタマーサポート、販売者の統合を担います。

達成方法: エージェントになるには高額な投資が必要となるため、エージェントには独占期間が提供され、Q でのインセンティブが贈られ、政府通貨での助成金も受け取れます。

販売者の統合
目標:登録販売者の 25% が決済ネットワークのローンチ時に Q の受付を開始可能にします。

達成方法: この時点でネットワークのローンチが迫り、Q 購入者への販売の見込みが現実的になり、Q の 1 ドル 1 Q での為替をサポートするための予備金も用意されます。

ネットワークのローンチ

目標:ローンチ場所における月間 1 億ドル以上のトランザクション。

達成方法: 十分な販売者やエージェント、資金を使うモチベーションを持った Q ユーザーさえ集まれば、あとはユーザーに利用を開始するよう伝え促すだけです。

成長サイクル、及びすべての Q の段階的なリリース
目標:ローンチ場所を追加し、各地での購入者と販売者を増やし、ウォレットのシェアを増やし、成長に合わせ Q をリリースします。

達成方法: 経済活動とトランザクション量が増えるにつれ、より多くの Q がネットワークにリリースされ、Q の価値が維持されます (理由をお読みください)。これらの新しい Q は徐々に成長を促し信頼性を高めるユーザーにリリースされ、有徳なサイクルが生まれます。

さらに、活動量が増し Q の利用が小売取引の範囲を超えた場合 (給与の支払い、サプライヤーへの支払いなど)、ユーザーは有用性が高まったため Q により多くの価値を見出し、Q を政府通貨に交換するといった予備オプションに頼る必要性が少なくなります。

主要決済ネットワーク化

目標:世界的な普及。年間 5 兆 USD。予約されたすべての Q がおよそ 1 USD 1 Q のレートでリリースされます。
initiativeQへの招待請求はこちらから

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.