ベーシック・インカム net work

2018/12/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

ベーシックインカムネットワークのWhite paper(白書).pdf ファイルを翻訳(google)しましたが意味がわかりません。

ベシックインカム招待登録

わかってるのは名前とアドレスだけで灯籠すると毎日100トークン($)が配布されます。紹介した場合は500トークン($)が配布されています世界で500万人でストップということです。換金等の情報をしっかりしたいと調べているところです。ご興味有る方はこちらからどうぞ
招待リンク:http://basicincome.network/kosuker

関連記事:ベーシックインカム net work   人工知能とベーシックインカム

ベーシックインカムネットワーク白書(翻訳)

折角なのでこちらにアップしておきます。勇士の方が解明して頂くのをお待ちします。
尚原文は最下部にあります。

ページ1

抽象 基本所得トークンプロトコルは、 提供する地方自治組織(DAO) ユニバーサルベーシックインコム。 ベーシックインカム通貨は、 トランザクション通貨として使用することができます。 それは 低い ために設計されています トランザクション待ち時間、何千ものトランザクションへの拡張能力 毎秒、低い取引手数料、および紛争解決のための トランザクション 。 収入は毎日全員に分配されます 参加者であり、UBIを代表する。 この論文は、 基本所得トークン・プロトコル 働く • はじめに • 勘定タイプ O ベーシック・インカムトークン市民 o 基本所得トークン実体 o 委任されたノード o IDプロバイダ • 所得分配 o ステージ1 o ステージ2 o 紹介システム • DAOベースのガバナンス o 委任されたノードの選挙 ○ 選挙期間 o 委任されたノードの投票 • トランザクション機能

2ページ

o 1秒 あたりの トランザクション数 o 低額の取引手数料 o バイヤー/売り手の保護 o トランザクションの待ち時間 • 報酬 o 委任されたノード給与 o IDプロバイダの給与 • 予約資金 o 資金調達の提案 • コンセンサス議定書 o Forgersを選択する o コンセンサス • 保護 O スキップアタック o インキュベーション期間 o シビル攻撃 O ラウンドロビン注文アタック IDプロバイダの Oの 無効化 • 憲法 • ベーシック・インカムトークンへの接続 ベーシック・インカムトークンの機能 O • 参考文献 前書き ユニバーサル・ベーシック・インカムは、 雇用が継続するにつれて世界が機能し続けるために存在する オートメーション [1]に 置き換えられました 。 私たちはより豊かな世界に住んでいます

Page 3

これまで以上に多くのリソースが必要ですが、まだ苦労している人がいます 終わりを満たすために。 人間としての私たちの義務は、 人は人生の中核必需品にアクセスすることができます。 基本的な収入 トークン プロトコルは、DAOのフレームワークを提供する提案です ユニバーサルベーシックインカムを配布することを目的としています。 世界的に 基本的所得 トークン議定書の採択により、 ユニバーサルベーシックインカムの実現に向けて プロトコルには 実用的で実績のあるソリューションで設計されており、 大量採用を支援する機能 アカウントの種類 基本的所得を提供する取引通貨を作成するには、 以下のことを確実にするためには、何らかの形態の構造が必要です 真: 1.ユニークな個人には、 基本的な収入を受け取る口座。 2.個人の身元に結びついていない口座は、 ビジネスとプライバシーの理由から存在します。 3.単一点を避けるために、システムは分散されたままでなければならない 失敗の 4.ルールは時間の経過とともに変更できる必要があります。 活発な経済のニーズの変化。 これらの問題を解決するために、基本所得 トークンプロトコルは、 4つの異なる勘定タイプ 責任。 基本所得の市民

Page 4

基本的な所得 トークン市民は、 IDプロバイダ によって検証され ます。 市民は追加する能力があります ブロックチェーンへのクレームは毎日1回(開始日と終了日) 深夜UTC)。 基本所得トークンは、 渡された日数 – 最大で7です。 たとえば、 3日が経過し、ユーザーが 100トークンでの現在の生産率は、300トークンが授与されます。 ベーシックインカムエンティティ 基本所得 トークン・エンティティは、 世界のアイデンティティであり、したがって基本的な収入を受け取ることはありません。 これら アカウントは依然としてIDプロバイダによって承認されていなければなりません 作成した。 アイデンティティプロバイダはすべての基本収入にリンクしている必要があります トークン エンティティ、ただし、アイデンティティプロバイダは作成できません 基本的所得 トークン口座に代わっての取引 。 委任されたノードとアイデンティティプロバイダは両方とも、基本 所得勘定タイプ。 委任されたノード 委任されたノードは、完全なノードおよび 新しいブロックを作成します。 各選挙サイクル基本所得 トークン 市民は、どの代表団ノードを選ぶのに役立つ投票に署名する それらを代表したいと思います。 これは、委任されたノードが動作することを意味します 提案に投票する権限を持つ選出された役人として 他の委任されたノードとアイデンティティプロバイダを追加/削除します。 アイデンティティプロバイダ アイデンティティプロバイダは、基本的なアイデンティティーの検証を担当します キーペアを生成して市民を得て、新しい市民を創造する

Page 5

新しいベーシックインカム トークンシチズンごとに 、アイデンティティ ブロックチェーン上に アイデンティティプロバイダには追加の責任があります 基本的な所得 トークン を保護する鍵を持つ市民 バイヤーと売り手の保護と。 IDプロバイダには次の機能があります。 • 新しい市民を追加する • 彼らが持っている 基本的な所得 トークン 市民を 凍結/解凍する 確認済み • ベーシック・インカム トークン 市民 に代わって取引を行います 彼らは検証した • 確認済みの 基本所得 トークン 市民を 削除する • 孤立した孤立した基本所得 トークン 市民 所得分配 基本的所得 トークンプロトコルの所得分配の目標 モデルはすべての基本にトークンを提供する公平な方法を提供することです 所得 トークン市民。 配布方法はまた、 システムに入るトークンの量が 価値の低下。 より迅速に、 成熟した経済が形成され、初期のユーザーは毎日余分に ステージ1のトークン。 トークンは、毎日最大でユーザーに配布されます 7つの免除された日のトークン。 基本的な所得 トークン市民 毎週少なくとも1回はトークンを明示的に要求して変換する必要があります 通常のトークン へ の 未請求のトークン 。 日は 00:00 UTCから23:59 UTCの間に発生するブロック。

Page 6

経済に追加することを目標とするトークンの総数 ステージ1は700億です。 この段階に達すると、ステージ 2つは、経済に入る新しいトークンの数を制限します。 健全なインフレ率。 ステージ1 ステージ1では、収入は加速されたレートで生成されるため、 経済はより短期間で成熟に達することができます。 この段階で、基礎所得 トークン市民は基本 基礎所得 トークンの 数に依存する所得 トークン 生態系に存在する市民。 計算する数式 次のように所得分配の乗数は次のとおりです。(781250 / (5 ^(log10(users)))))と、最大値が100で最小 値は1です。 ステージ2 数式に従うことによって70億キャップに達した後 ステージ1の2番目のステージが有効になります。 この段階では、 新たな基本所得トークンがインフレでユーザーに提供される エコシステム内のすべてのユーザーに委任 された ノード によって決定された料金 。 インフレ率を避けることを選択するのは彼らの責任です 既存の通貨を評価しながら流通を確保する 十分に大きい。 紹介システム 新しい基本所得 トークンシチズンが加入すると、 基本的な所得 トークンシチズンの公開鍵を それらを参照しました。 紹介ボーナスは5 *所得を使用して計算されます 分布乗数。 たとえば、100,000 Basic

Page 7

所得 トークン市民は紹介時に、ボーナスは 500基本所得トークン。 DAOベースのガバナンス ガバナンスは、基本所得 トークン・プロトコル それは外部のデータが身元確認のために安全に使用されるためです 経済的コントロール。 しかし、地方分権化された 基本的所得 トークンプロトコルの自律的要素により、 いくつかのルールは石に設定されます。 これらのルールは公平なシステムを保証します 誰もがそのような方法で不正行為をする能力を持っていないところに存在する 集中型システムで可能です。 基本所得 トークンプロトコルは、 地方分権化された政府をシミュレートします。 基本所得 トークン 市民は、知っている代表者を選ぶ責任があります 委任されたノード として 、さまざまな権限を持つ 政府。 これらの委任されたノードは、 ブロックチェイン、新しいブロックを作り、提案に投票する。 委任されたノードの選挙 各基本所得 トークンシチズンは1票を投じることができます Delegated Nodesの各選挙中のネットワーク上の ザ 投票数が最も多い委任されたノードは、 その選挙期間中に奉仕する。 委任されたノードの数 次の式で決定されます。Max(10、(Basic Income Token 市民/ 100000)) 選挙期間

Page 8

選挙は、最初の5年間は6ヶ月ごとに行われます。 市民 彼らが投票を行うことができる2週間の期間があります それらの優先委任ノードのために。 投票期間が終了した後 1ヶ月の猶予期間が開始され、 責任を負うためにノードを選出し、 チェーン内の潜在的な分割。 委任されたノードの投票 委任されたノードには以下の能力があります • 新しいアイデンティティプロバイダを選出する。 • 禁止既存のIDプロバイダ。 • 過去72時間以内にチェーン状態をいつかに戻します。 • 委任されたノードを禁止する。 • 代理ノードを代理する。 • 第2段階で インフレ率を選択する 。 • 委任されたノードの給与に投票する。 • IDプロバイダの給与乗数に投票する。 • 資金提供の提案を承認または却下するために投票する。 これらの能力を実行するには、提案書を 1つの委任されたノードによるブロックチェーン。 他のすべての委任されたノード ネットワークはその提案に投票する。 すべての提案 提出から24時間以内に50%+ 1票を受け取る 実行される。 トランザクション機能 基本所得 トークンプロトコルは、トランザクション型 通貨。 これは、基本的な形でお金を交換することを意味します

Page 9

所得トークンは 、少なくとも以下のように便利で安全である 必要があります。 伝統的な銀行システム。 4つの主な要素が焦点に 基本的な所得トークンを単純なものにすることができます ボタンをクリックしたり、クレジットカードをスワイプしたりすることができます。 トランザクション/秒 Delegated Nodeネットワークの制御された性質のために、ノード 3つの目標時間で非常に高速にブロックを鍛造することができます ブロックあたりの秒数。 プルーフプルーフを実装した他のアルゴリズムは、 (EOSのような) ブロックを鍛造する選択されたスピーカーノードを有する機能 [2] ) このようなシステムを50,000に拡張することが可能であることが証明されています トランザクション/秒 [3] 。 比較のため、Visaは 24,000 TPS [4] 。 低い取引手数料 取引には基本所得 トークンに 固有の費用はありませんが 、 しかし、 アイデンティティプロバイダは、トランザクションを設定する機能を持っていますfees- 取引の紛争を解決するための資金を持つことができます。 ザ 基本所得 トークンプロトコルは、各ブロックの80%を IDプロバイダによってのみ使用されます。 スペースはさらに広がっています アイデンティティプロバイダによってパーティション分割されている – 基本数に比例 所得 トークン市民はそれぞれ最低10 ブロックごとのトランザクション。 それはアイデンティティの責任です プロバイダは、スパム取引が 鎖。 各ブロックの残りの20%は 入札システムとの取引 – 同様の方法で Bitcoin関数 [5] 。 バイヤー/売り手の保護

Page 10

取引には、基本所得 トークン 市民の秘密鍵またはアイデンティティプロバイダの秘密鍵。 この IDプロバイダにトランザクションを逆戻りする機能を提供します。 また、 承認された取引は紛争の解決にのみ使用されるべきである プラットフォーム上のバイヤーと売り手の間。 資金を元に戻すとき 不可能であり、アイデンティティプロバイダは、 何らかの問題を解決するために取引手数料から得たお金。 トランザクション待ち時間 取引の一回の確認は、通常3回以内に行われます トランザクションを公開してからわずか2秒です。 通常の取引は 基本所得 トークンの 代わりにIDプロバイダが署名する 市民が行動を起こしたときの市民。 したがって、 アイデンティティプロバイダによって署名されたトランザクションは、信頼レベルの高いレベルであり、 アイデンティティプロバイダでは、二重費用をかけすぎる可能性は非常に低い 一回の確認後に攻撃を受け、信頼することができます。 トランザクション 個々の市民が署名し、複数の取引を待つべきである 最終的に扱われる前に。 これは、 Bitcoinのホワイトペーパー [6] 。 補償 委任されたノードとアイデンティティプロバイダに対する報酬は、 Basic Income Token Protocolの中核部分です 。 この補償 これらの悪い行為として悪い行動を重大に阻害するために使用されます 財政的に重大な損失を招くことになります。 報酬にも 経済全体が継続できることを確認するという追加の利点 資金が決して無限になるため、無期限に円滑に運営する 枯渇する。

Page 11

委任されたノードとアイデンティティプロバイダの両方が、 彼らのサービスのための基本所得トークン。 給与は 毎日基本的な所得 トークン市民が受け取る 彼らの毎日の収入。 最初に生成される基本所得トークンは、 通常のトークン配布専用の70%プールから引き出されます。 そのプールが完全に配布されると、のための基本所得トークン ステージ2のインフレに加えて給与も創出される 分布。 委任されたノード給与 委任されたノードはそれぞれ同等の給与を受け取る。 委任された ノード自体は、自分の給与に投票します。制約があります。 給与は前の 給料。 委任されたノードがこれを悪用しようとする場合 投票権を持つベーシックインカム トークン市民の責任です ノードを出す。 アイデンティティプロバイダの給与 アイデンティティプロバイダの 給与逓増は、 委任されたノード。 アイデンティティ・プロバイダの給与は、 されている基本所得トークンの数を その特定のアイデンティティプロバイダの下で市民が主張する 給与倍率。 たとえば、給与乗数が0.01で アイデンティティプロバイダには、有効な検証済み市民​​10万人がいます その日に500万のトークンを要求した場合、アイデンティティプロバイダは UTCの午前0時以降に最初のブロックで50,000のトークンを受け取る。 予約資金

Page 12

300億ベーシックインカムトークンが予約されます。 これらのトークンは 中央のソースによって制御されていません。 委任されたノードには 多数決でこれらの資金を提案に授与する能力。 それは これらの資金を割り当てる委任されたノードの責任 アイデンティティプロバイダ、委任されたノード、基本 所得 トークン市民、または基本所得トークン実体 ベーシックインカム トークンプロトコルの成功をさらに促進します。 資金調達の提案 市民またはアイデンティティプロバイダが必要とする基本所得 トークン いくつかのタスクを実行する資金、彼らは公的資金を提出する必要があります 提案。 この提案はプレーンテキストで書かれ、 リクエスターの秘密鍵がブロックチェーンに追加されます。 ノード その提案に投票するのに1週間かかるでしょう。 非票は 「いいえ」と数える。 資金のために大部分の合意が必要 転送される。 合意プロトコル ベーシックインカム トークン では新しいコンセンサスメカニズムが使用されています 非常に高速なブロック時間を可能にするプロトコル 信頼できる。 基本的所得 トークンプロトコルは新しいコンセンサスを使用する DPOI(委任された証明の証明)と呼ばれるメカニズム。 ザ メカニズムはDPOSとほぼ同じように機能する(委任証拠 ステーク) [7] 。 主な違いは、DPOSでは人々が 彼らが通貨で所有するステークの金額に比例していると言います。 DPOIでは、各基本所得 トークンシチズンは、 彼らが所有しているステークに関係なく一票を投じる。 Forgersの選択

Page 13

委任されたノードが選出されると、委任されたノードは ブロックを偽造することが許可されたDelegated Nodesの順序付きリスト。 順序は、それぞれの投票の量によって決まります 委任されたノードが選挙中に受信しました。 その後、ノードは ラウンドロビンでブロックを鍛造する。 ノードの向きが変わったとき ブロックを作成すると、ブロックを偽造するための10秒のウィンドウが表示されます。 この期間中にブロックが偽造されていない場合、次の委任ノード リストには、新しいブロックを作成する権限も与えられます。 この意志 タイムスタンプサーバ [6] を使用して達成することができます 。 コンセンサス コンセンサスは最長のチェーンをたどって決定される。 委任された 署名による二重支出攻撃を実行しようとするノード 複数のブロックが 他の委任されたノードによって 速やかに 禁止されます。 保護 政府によって実施された地方分権化された政府制度のために 基本所得 トークンプロトコル、潜在的な攻撃ベクトル 注意深く分析する必要があります。 これらの攻撃は その潜在的な影響と予防的に説明された 対策。 スキップ攻撃 ノードが の順になっている場合、 2つの悪いノードが結託して良いノードをスキップすることができます。 それがブロックを作成する最初の悪いノードの回であるとき、それは 直ちにブロックし、次の悪いノードにのみブロードキャストする リスト。 2番目の悪いノードは10秒待ってから ノードに送信し、通常の方法でブロードキャストします。 2つの悪いチェーン

Page 14

ノードは長くなるので受け入れられます。 この攻撃は 通常は無害ですが、悪いノードを結託して管理することができます ノードが発生した場合、ノードのわずか25%+1でネットワークの 最適に配置される。 潜伏期間 ベーシックインカムに参加するすべての新しい基本所得 トークン市民 トークン プロトコルは、1のインキュベーション期間に配置されます 週間。 これにより、IDプロバイダが偽のBasicを作成することを防ぎます 所得 トークンの市民は、 委任されたノードに、それらを禁止するのに十分な時間を与える 問題のあるアイデンティティプロバイダ。 シビル攻撃 アイデンティティプロバイダはSybil攻撃の実行を中止します それはプラットフォームによって禁止される危険性があるので 委任されたノード。 インキュベーション などの追加の安全対策 期間とDelegatedのブロックチェーンロールバック機能 悪用を軽減するためのノードも存在します。 基本所得トークン 市民は 偽の文書を提出して付加的な利益を得ることができます 基本的な収入、しかしそれ以来、 捕らえられれば、両方の収入源を失うことになる。 それは いくつかの偽のアカウントが作成されることが予想されますが、アイデンティティ プロバイダーは非常に厳しい規制レベルを要求される 彼らはどのように新しい基本所得 トークン市民を承認しますか? ほとんどの虐待を排除する。 ラウンドロビンオーダー攻撃

Page 15

共謀している悪役のグループは、すべての人に共謀して、 同様の票数で、似たような場所に置くことができます ラウンドロビンオーダー内のロケーション。 ( Forgingersの選択を 参照してください )。 その後、二重支出の攻撃は、ほんの一握りで完了することができました 悪いノードの しかし、この攻撃は一度だけ発生する可能性があります 検出される。 大規模なトランザクションは、十分な これと戦うための確認の量。 小規模な取引は アイデンティティプロバイダによって保証される。 アイデンティティプロバイダの無効化 アイデンティティプロバイダが不正行為を試みた場合、 Delegated Nodes によって禁止されることがあります 。 損害が発生した場合 すでにアイデンティティプロバイダの行動によって引き起こされていますが、 委任されたノードは、チェーンを以前の状態に戻すために投票することができます IDプロバイダは禁止されています。 これにより、大量の 経済的な被害をもたらすが、基本的な 所得 トークンプロトコルは、攻撃によって荒廃することはありません。 アイデンティティプロバイダのパフォーマンスが低下することを防ぎます。 ベーシックインカム そのアイデンティティプロバイダに属する トークン シチズンのアカウント 彼らが主張され検証されるまで孤児になる 別のIDプロバイダが 憲法 基本所得 トークン・プロトコルが直接的に 地方分権型ガバナンスを通じて実世界と相互作用し、 プログラムで強制できない規則がいくつかあります 基本的所得 トークン・プロトコルが以下のように機能するためには不可欠です。 意図されました。 実行する委任されたノードまたはアイデンティティプロバイダ

Page 16

憲法に列挙されている項目と矛盾する行動 禁止 されます 。 • ユーザーはすべて同等とみなされ、同じ金額が与えられます その背景にかかわらず、基本的な収入トークンの。 • アイデンティティプロバイダは、分散された内部 シビルアカウントを保証するためのアイデンティティのシステムはできません 作成した。 内部システムはまた、 基礎所得トークン市民の移行がより簡単に 達成する。 • 委任されたノードは 、以下の理由により 禁止さ れる べき です: o 定期的に提案書に投票する義務を負いません。 o ターンの間に新しいブロックをdBFT内で鍛造しない。 o それらをサポートしないブロックデータを含むことの拒否。 o 有害であることを示す不合理な政策投票 偏見 • 公式発表は常に保護するために署名する必要があります 偽造に対して • インフレ率は、以下の要素とバランスを取るべきである 念頭に置いて: o 過小評価されるインフレ率の回避 既存の基本所得トークン。 o 現実世界の変化は、 レート。 o 基本的な情報を提供するために必要な所得額 人生の必需品。 • アイデンティティプロバイダは 、以下の理由により 禁止され ている 必要が あります。 o Sybilアカウントを許可する承認プロセスが脆弱である – 詐欺や過失によるものではありません。

Page 17

o 適切な紛争解決を提供できない トランザクション。 o 新しい基礎収入を承認する義務を果たさない トークン市民。 o 他のアイデンティティプロバイダと協力する意欲 プラットフォーム上で • 資金調達が承認された提案は残るべきである プロトコルが初期段階にあるときは比較的自由であり、 時間が経つと徐々に厳しくなるはずです。 • アイデンティティプロバイダは、ユーザが知識から守らなければならない 1週間のインキュベーション期間があり、 トランザクション処理に数秒かかることがあります。 から ユーザーの観点から考えると、基本所得トークン 集中型システムほど効率的に機能するように見えます。 に 何かが間違っているイベント、それは 状況を改善するために損失を被るアイデンティティプロバイダ。 基本所得トークンへの接続 基本所得トークン・プロトコルは、単純に、 上記に概説されている。 基本的な所得トークンは最初のアイデンティティになります 基本所得トークン・プロトコルのプロバイダと、 ベーシックインカムトークンはベーシックインカムトークンに存在します 所得 トークンメインネットは1:1の比率で転送されます。 ベーシック 所得トークン市民は、より厳格な身分証明書 この時点でのKYC [8]および AML [9] 。 基本所得トークンの特徴

Page 18

基本的な所得トークンは、非常にユーザーフレンドリーであるように設計されています cryptocurrencyの事前知識を必要としないプラットフォーム 将来のアイデンティティプロバイダの標準です。 基本所得トークン APIだけでなく市場も提供しています 商品やサービスの基本所得トークンを譲渡することが可能です。 参考文献 [1] https://www.mckinsey.com/global-themes/future-of- 組織と仕事/未来の仕事の意味合いは、 就労スキル・賃金 [2] https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/Technic alWhitePaper.md#取引確認 [3] https://www.youtube.com/watch?v=UC6RYwYPnpU [4] https://usa.visa.com/run-your-business/small-business- tools / retail.html [5] https://en.bitcoin.it/wiki/Transaction_fees [6] https://bitcoin.org/bitcoin.pdf [7] https://www.researchgate.net/publication/318131748_An_Over view_of_Blockchain_Technology_Architecture_Consensus_and_ Future_Trends [8] https://en.wikipedia.org/wiki/Know_your_customer [9] https://www.investopedia.com/terms/a/aml.asp [10] https://github.com/CirclesUBI/docs/blob/master/Circles.md

Page 19

注:この基本所得トークンプロトコルは、 時間。 新技術の開発に伴い改善が図られる 変更がシステムを改善することが明らかになりました。 ザ ユニバーサルベーシックインカムの配分の中核的原則は 変化する。 来るかもしれない変更/改善の例はここにあります 未来: • 分散検証 サークルと同様 [10] – シビル攻撃に対して有効であることが証明されています。 • プラットフォームを実行する責任の分離 アイデンティティを検証する。 シビルアカウントを見つけるために報奨金プログラムを•。 • スマート契約強制保険制度 アイデンティティプロバイダ。 • 各国独自のサブシステムを持つ 通貨は自動的に交換可能なままです。 • 追加されたチェーンに保存されたハッシュされたバイオメトリックデータ シビル攻撃に対する保護。

最後に今良し悪しは別にして注目されているintiativeQは投資対象では無いのでホワイトペーパーは無用のようですね。

原文はこちら

 

Amazon

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.