Win10スタートが回復した方法

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

とうとうやってしまった。

1週間前程からWindows10のスタートメニューが開かない、起動、シャットダウンはショートカットキーCtrl+Alt+Deleteで何とかなったが、イレギュラーな使い方でなく普通に使いたい。

ネットで探していろんな方法をやってもダメ、大のお気に入りのauトータルサポートに聞くと半日程かけて担当者がバトンタッチしても解決しなかった。頼みの綱のauトータルサポートでも駄目、無理もないメーカーのサポートは責任問題が発生するのでアドバイスができない。たまに個人的にアドバイスをくれる場合がある実はそれを期待していたが今回はハードウェアの会社に相談して下さいとのこと。ハードウェアとなると物理的な損傷?

ハードウェアは既にレジェンド品になっている製品、修理すら時間が立ち過ぎて受けることができないという代物でエプソンが8年前(2010年)に発売していたEndeavor AY301 Windows7を無償アップグレードでWindows10にしたもの。

2月末に廃棄寸前をなんとか使えるように手をかけ何とかブログが書けるようになった。

これまでの経過記事はこちらに。Windows10アップグレード不具合奮戦記

ここまで手をかけると愛着が出てきて可笑しくない程度にしてあげたいと思っていた矢先の出来事。
ここ暫く常連のエプソンテクニカルサポートに電話。

似たようなサポートだったが「壊れてはいない、物理的には大丈夫ですよ。あとはマイクロソフトでリカバリーを購入するしかないですね」ほぼ断念気味だったが「物理的には大丈夫」という言葉は勇気が出た。

3月15日は公立高校の合格発表日、反抗全盛期の孫が受験してる。一応合格発表見に行くんだなと思いつつ親子を見送った。相変わらず糸口が見えない私、そこへ「合格は90%無理だろう」とで思っていた孫が「合格」の朗報、心底凄いと思ったし涙が溢れた、孫と電話で「凄いね、やるときゃやるもんだね」とねぎらったが「おまえは?」と心の声がした。

「なんだよー気のない帳面消しのようなことしてて結果でないだろー、孫見習えよ」とシビアな心の声がした。

昨夜は夜勤、普通なら朝帰って少しお酒を飲んで一旦休むが、今日は寝なかった。

関連サイトを再度チェックし、やってないことを探した。同時に今後の不用意に修復ディスクなども作った。

システムの復元に取り組んだ長時間かけて出てきた結果が復元できませんでした。「これは何度もやってるんで驚きはしなかったが、一つ気になることが書いてある。「セキュリティソフトの影響のようです」と、セキュリティは入れてないWindowsのデフェンダーに任せっきりだから関係ない。

しかし気持ちを新たにすると「それで終わってはいけない」という思いが、早速Windows10のセキュリティを検索、どうやらシステムの中のサービスにあることを突き止めた。一旦停止にする。

停止はしたものの再度システム復元はやりたくない、それよりも先ほど作成した「Windows10インストールディスクメディアを試してみたい、そこで出会ったのがこのサイト。

リカバリーディスクも関係ないので手軽だし直接インストールするので設定のてまが省けます。

一通り見てインストールメディアを作成してから進んでください。大事な宝です

参照:Windows10 インストールメディアから回復環境を起動する方法

デスカッション

Windows 10 – インストール メディアから回復環境を起動する方法

Windows 10 でインストール メディアから回復環境を起動する方法を紹介します。

  1. Windows 10 のインストール   メディアを用意します。※メディアをお持ちでない場合は、以下のページを参考に作成してください。  状況により別のパソコンで作成する必要があります。
    ・Windows   10 のインストール メディアを作成する方法

     

  2. インストール メディアから起動します。
    インストール   メディアを挿入した状態でパソコンを起動すると以下の画面が表示され、 Enter キーを押すことで起動ができます。画像  上のような画面が表示されない場合は、 Boot Menu を表示し、起動デバイスを指定したり、 BIOS    設定から ブート順を変更する必要があります。手順はお使いのパソコンによって異なるため、不明な場合はお使いのパソコン   メーカーにご確認ください。

  3. インストール メディアが起動し、以下のような画面が表示されたら [次へ]    をクリックします。

 

なんとなく感触が違う動作途中復元もするようだが「いけるかもしれない」という思いが湧いてきた。

最後は新たWindows10をインストールしている。「結局はそこまで行かないと安心できないな」と納得する内に再起動が始まり、恐る恐るメニューをクリックしたら表示された。ボロボロの箱に新鮮な野菜のような感じで「私もよかったけどAY301君よかったね、大事にするぞ」と声をかけてしまった。

まとめ

くどくどと書きましたが、とどのつまり
Windows 10 でインストール メディアから回復環境を起動する方法を紹介します。を見たら近道です。
無償アップグレードでも大丈夫です。お金はかかりません。もっと詳細が必要な方はコメントいただければわかる範囲でお答えします。
Windows10インストールメディア作成方法はこちらです。

在宅でインフラビジネスを継続し権利収入を確立する方法

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.