私のワードプレス、教えてほしい問題点(解決)

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

昨夜からワードプレスで各記事毎のアイキャッチ画像未掲載のチェックをしていた。アイキャッチを掲載していなかった記事に画像をセットするとJetpackで確認するとのアクセス数がいきなり上がってる、昨日は記事も書いてないのに100件を超えた。

調子に乗り現在ブログを2つに分割している、オウンドメディアのつもりの「わんどう徒然日記」とペイドメディアのつもりで書いた「アンビットエナジービジネス奮戦記」これが管理できない。

「わんどう徒然日記」の「参加サイト」に「アンビットエナジービジネス奮戦記」が表示されない、WordPress側の問題かな?っと思い確認の意味で「アンビットエナジービジネス奮戦記」の画像で検索してみるとちゃんと存在している、なんとか管理画面にだどり着いた「参加サイト」には「わんどう徒然日記」も表示されている。

他の問題もあるのでサラリーマンのビジネス情報「るしと処」を書くKさんにアドバイスをお願いしようと連絡したら23日の夜に時間を貰った。kさんはワードプレスを教えてくれた方、ビジネス以前に手法から真剣に指導してもらっている。

只、こうやっておんぶに抱っこでは私のスキルアップは目に見えている、ここに掲載したのは問題点を如何に分かり易く伝えるかという趣旨で書いていて夕方の時間まで「独力で解決」することを目的として表現している、ということにしておこう。最近「どう言ったかが問題ではなくどう伝わったかが問題だ」という私の左右の銘ではないが心掛けていることがある。「国会でもどう言ったか」が問題注視されていて「どう伝わったか」はあまり問われない。非効率だなと思うことが多い。と、言うことでメモ帳に経緯を書いていた、同じ書くなら先日会得したWindows機能のスニッピングツール(Snipping Tool)を使い問題点を画像として抜き出し表示しよう。「でもメモ帳には画像が貼れない、よし、記事にしてしまえ」という次第で取り留めのない記事になってしまいました。

恥のかき捨てかもしれないがヤングシニア、気にしてどうする。

問題①

「わんどう徒然日記」「アンビットエナジービジネス奮戦記」が分離した。

「わんどう徒然日記」にログインしても「アンビットエナジー奮戦記」が表示されない。

 

解決:ややこしい説明しましたが設定をいじってたのでそのチェックボックスを外しただけで解決。Jetpack設定のツールバー有効化をONにしてしまってた。

「アンビットエエナジー奮戦記」にログインすると「わんどう徒然日記」は参加サイトに表示されている。

原因:

昨日職場のパソコンでユーザーIDをメールアドレスでログインした時ログインできなかったのでパスワード変更をした。

調べてみると当初ユーザーIDはkosukerにしてたのを勘違いしてメールアドレスでログインしようとしていた。物理的に二つに分かれてしまった。

再統合するにはどうしたらいいでしょうか。

問題②

「わんどう徒然日記」を見るとSNS一覧が二重に表示される。

どこかで二重に設定しているようだ。

解決:Jetpackの「設定」「AddToAny」でコントロールできました。

解決:Jetpack設定の「AddToAny 共有設定」でコントロールできました。

問題③

ピンクマーカー蛍光ペンの表示がテキストで表示される。

「蛍光ペン」に青マーカーをかけたいがテキストになっている。

解決:プレビュー画面でないと確認できないし「青マーカー」のテキスト部分にマーカーをつけたい部分のテキストと差し替えしなければいけなかった。(忘れてました)

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2018 All Rights Reserved.