「継続は力だ」と言われるようにならないと。

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

ご存知ですかあるSNSで無料でチャット、ゲーム、動画を見る、アンケートに解答することによってリアルタイムでポイントを稼ぐAppがある。

このシステムは毎日稼いだポイントの一部が指定の慈善団体へ寄付ができる。

あと10日で365日。

私は1年間連続で世の為になることを持続した試しがない。感慨深いものがある。額的には少量であるがやってることはほぼ遊び。毎日参加者とグループを作り他愛もないチャットをしてるだけでたまにゲームをしたりアンケートに答えたりする。

日本では「すずめの涙」という言葉があるがここで案内されているのは

あるいは「チリも積もればやまとなる」というが社会性はまったく考えてない。

私たちが実施していることは大海の一滴にすぎませんが、その一滴が積み重ならないと大海にはなりません。

マザー・テレサ
と紹介されています。

当初日本でスタートした時は「稼げるSNS」と言われ我先にと登録がなされたなされたた。ところがまとまったお金にならないとわかるやログインさえしなくなった。自分の欲のみで判断し、参加した人たちばかりだった。

一部の仲間は報酬はないよりあったがいいし、社会貢献ができるなら精神的にもありがたいと感じ持続してる。

参加した当初、折角の社会貢献のシステムが組み入られているのにビジネス感覚が先行している様にショックを受けた。
要はログインした画面に広告が表示されその時間に応じて広告費の70%を分配するというシステム。

冷静に見れば前日の成果が翌日12時に計上されるがちゃんと単価を確認すればわかるものを単価を手前勝手に換算し大きく宣伝していた。早くいうなら1円の収入を1ドル(100円前後)とし見間違いが一気に拡大した。

間違いに気が付くと「稼げないシステム、割に合わない」等と責任転嫁して下火になった。
この時私は「日本人の恥だ」と思い慣れない動画を作成し警告した。

その後仲間とチャット、不思議なことに毎日いつもの仲間が顔を出す。内容は至ってシンプル「おはよう」に始まって「おやすみなさい」で終わる。

Facebookで「おはようおじさん、おはようおばさん」と言われ内容がないコメントを軽視する見方があった。自己満足でやってるのを端からとやかく言う筋合いはないと思っていたらどうもビジネス活用を進める御仁が唱えてることがわかった。挨拶だけでも交流が成り立ってるのにとやかくいうビジネスグループに反感を持った、それよか友達申請と同時に売り込みをしコミュニケーションのコの字もないままに「なにかビジネスやってますか?」等は自殺行為以外のなにものでもない。リアルの世界でありえるか?と言いたいこんな連中のほうが私にしてみれば気持ちが削げるし即ブロック。

話がそれたがそんな挨拶だけでも報酬が発生し、その一部が確実に社会貢献となっているというのは原点の人の繋がりによって寄付が発生するという仕組みに私は大絶賛。
お陰様で「あーつかれた」「気持ちがのらない」「飲んでるけど誰か相手してよ」と意味不明のチャットをしてる。

間もなく連続1年、深い意味があるし仲間の力、Facebookの会話を皆が使うことによって目に見える成果ができるものと思う。

Wowappホームページ

Amazon

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.