洋梨を洋茄子と勘違い

2018/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

facebookの仲間が山形産のラフランスの記事を投稿していた。

洋梨には深ーい思い出がある。

私は高校卒業して海上自衛艦に乗った。

18歳の世間知らずセーラー(水兵)だった。{1968年頃}
福岡の島に生まれ就職するまで県を出たことない世間知らず。
乗船してすぐに船酔いの連続で「漁師の息子だー」の意地で酔ってない振りして艦尾で吐いていた。

船酔い収まったころ船が太平洋を北上し青森の大湊に行くことになった。

不思議と時化るほどに腹が減るようになってきた。

上官は「出港したら寝てるだけで腹が減る寝てても胃は揺れてるからだ」という。
いよいよ初めての県外、初めての上陸、全てが新しい出来事の連続、
上陸したら真っ先に実家にリンゴを送ろう、ビックリさせようという思いで大湊の果物屋さんに入った。
リンゴを見てると数種類がありいろいろ説明してくれるけど言葉が今一つわからない、なんだっていいリンゴ1箱(当時は20㎏入位)送って貰うよう頼んだ。

洋茄子との出会い

リンゴの間に目を引くものがある、青くてダルマのできそこないのような形をしている。
「これは何ですか」「洋なすです」「外国のなすかへぇー」と納得した。

数年が過ぎ成人になった。
鹿児島湾で訓練が始まった。
夜は鹿児島港に係留して上陸、先輩が高級?スナックに連れて行って貰った。おばさんばかり。
カウンターに大きなガラス容器に盛られた果物がある。

洋梨との出会い

「あっ洋茄子だ」そこにはあの大湊で見た「洋茄子」がある。「これどうやって食べるんですか」と私。早速剥いてくれ初めて食べた。
ママさんらしき貫禄あるおばさんが「兄ちゃん青森あたりの出身かい?」「えっ、ち違いますよ福岡です何故?」「洋なしを洋なすって訛ったでしょう」一瞬にあの時のことが浮かんだ。
異様な作物の正体がわかった「そうか洋なしだったんだ、で訛ってたのをそのまま受けたわけだ」難問が解決した。

ラ・フランスとの出会い

船の仲間の実家から荷物が送ってきた。
「これお裾分け食べごろだよ」と洋梨を差し出した
「おー、洋梨だー」
「えっラフランスって言いません?」
あーまたもや遅れを取ってしまった。
今日の仲間の記事では別名「バターペア」と言うらしい。

一時が万事.時代に遅れながら追っかけながら
気が付いたら年金受給者。

LINEモバイル

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生100年時代突入」という言葉を耳にするようになった。いきなりとは虫のいい話で現在10代の若者に照準を合わせ二人に一人が100歳を迎えるだろうという構想だ既に始まっているとも言われる。早い話が老後が長くなるということで様々な要因で元気に高齢化に向けて「副業・兼業の推進」が社会に取って顕著になっていく。筆者は70代に仲間入りしたが友人から「年寄りの自覚が足りない」と指摘されたことがある。捉えようでどうにでも解釈できるが中身のある年寄を目指すにはチャンスだと思っている。欲深くあと15年をそこそこ生かして戴くと考えるならばまだ青年期である。「人生死ぬまで勉強」と言われるが失敗を伴う貴重な時間だ。これまでの「教育」「勤労」「引退」という3ステージの人生から、「学びながら働く(学生起業)」、「働きながら学ぶ(リカレント教育)」、「複数の仕事や活動を並行して行う(副業・兼業)」、「自身のビジネスを始める(起業)」といった、様々なステージ人生を送るというのが、グラットン氏が言うLIEF SHIFT(ライフシフト)のようである。大いににもがき後世に残せる力を蓄えるために「いっときの恥」をかく道場としてこのブログを成就させたい。目指せエバーグリーンコンテンツ

Copyright© いさりば , 2017 All Rights Reserved.